be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の肖像

家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版 家族の肖像 デジタル・リマスター 無修正完全版
バート・ランカスター (2006/08/26)
紀伊國屋書店

この商品の詳細を見る


ストーリー
ローマ市内で静かに暮らす元教授のもとに、奇妙な一群がやってきた。母娘とその情夫たちである。彼らは教授の屋敷の2階に住み着き、教授の平穏な生活はかき乱されてしまう。だが、母親の情夫コンラッドとの美術談義だけは、教授に不思議な安息を与えていた。そんなある日、コンラッドが過激派に襲われて負傷してしまう。やがて、その傷がきっかけとなり、コンラッドは彼らの前から姿を消すことになるが……

ローマの豪邸で俗世界と遮断されたような孤独な生活をしている元教授は、趣味で家族の肖像画を蒐集しています。
いきなりやってきたブルジョワ女性ビアンカ(マンガーノ)に上階の部屋を貸す羽目になってしまったことにより、元教授の孤独な静かな生活は音を立ててくずれていくのです。
ビアンカは教授に娘リエッタとその婚約者ステファノのために部屋を貸してくれと言っていたのですが、実は自分の愛人コンラットのために借りたのです。
しかもビアンカはコンラットにはその部屋を購入すると言う話をしていたのです。
部屋の改装のため壁を壊したことにより教授と言い争いとなり、教授の部屋でビアンカに連絡を取ることになったため2人は教授の部屋に行きます。
コンラットは勝手に入り込み、部屋の電話を使いまくり、勧めてもいないのにウイスキーを要求する、普通に生活していてもこの態度は迷惑な話ですが、俗世界から離れた生活をしていた教授にとっては耐え難いものであったはずです。
そんな2人だったのに、コンラットが教授のレコードのモーツァルトのアリアや、英国の画家アーサー・デイビスの家族の肖像画の話をすることによって、教授はコンラットが意外にも美術に造詣が深い様子を知り、生活を乱されることで不快には感じているものの興味を示していくのです。
この2人の寄り添うシーンがなんとも言えず、ドキドキしてしまうのです(笑)
コンラットの普段見せない様子や、元教授の戸惑った、けど嬉しそうな様子を見て、アッシェンバッハとタッジオを見たような錯覚に陥ったのは私だけだったのでしょうか・・・(^^ゞ
ある日、上の階から争う声が聞こえ、元教授が上がってみるとコンラットが血まみれで倒れており、元教授は誰にも知らせないで欲しいと言うコンラットの願いを聞き自室で献身的に看病をするのです。(ヘルムートなら私も献身的に・・・笑)
その後もコンラットやリエッタやステファノ、そして公爵夫人がズケズケと土足で立ち入り元教授の静かな生活は完全に崩壊してしまったのです。
その後逃亡したはずのコンラットは国境で逮捕され、元教授の所にいたと言ったことから事情を聞きに警察に呼ばれたり、今までわずらわしいと感じていた人との拘わりに振り回されてしまうのです。
その後の見せ掛けの家族の最初で最後の晩餐。
もう孤独を愛し、静かに暮していた生活は二度と戻らなくなってしまった元教授の差し出した手がとても憐れでした。


追記(15.6.21再見)
ヴィスコンティはこの作品の前の『ルートヴィヒ』の撮影終了後脳血栓で倒れ、その後左半身不随であったそうです。『ルートヴィヒ』の編集を完了させたい一心でリハビリをし、その後、2年ぶりに撮ったのがこの『家族の肖像』だったそうです。
『ベニスに死す』も死の影が付き纏う感じでしたが、この作品も一人の男の晩年、死の影が漂う雰囲気となっていました。
何の説明もなく、3度の教授の回想が入るのですが、俗世間から離れた生活を送るようになったきっかけが垣間見えるようになっています。
この作品は全体的にトーンが暗いのですが、教授の部屋の中でのシーンが殆どなのです。(しかも全てセットだとか・・・)
ヴィスコンティの体調や今までヴィスコンティと何度となく仕事をしてきている豪華な出演者のことも考えると、また感じ方が変わったりしたのでした。。。
それまでは自ら望んだ孤独の中でこの人生を終わる予定であった教授は、かりそめの家族を得てしまったことにより、平静を乱され、孤独の恐怖を味わいながら寝たきりの状態になってしまったのです。
おそらくは、ビアンカの言うように忘れることなどは出来ず、罪の意識と孤独の中で教授が忘れられていくのでしょう・・・

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター/ヘルムート・バーガー/ドミニク・サンダ/クラウディア・カルディナーレ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。