be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの青春

悲しみの青春


ストーリー
1938年、北イタリアのことフェルラーラを舞台に、ユダヤ人迫害の波が押し寄せてくる時代背景に翻弄される若者たちの本当に切ない愛と青春を描く

1938年、北イタリアの古都フェルラーラの街外れの広大な屋敷に住むフィンツィ・コンティーニ家。
明るく美しく魅力的な娘ミコル(サンダ)に招かれ、テニスをしに来た若者達の中にジョルジョもいたのです。ミコルとジョルジョは幼少の頃ユダヤ教会で逢っており、仄かな初恋の思い出があったのです。
ミコルの弟アルベルト(ヘルムート)は病弱で繊細な青年。広大な屋敷から出ず、異常なほど姉を慕っていて唯一の親友がプレイボーイのマルテーナ。
ジョルジョはミコルへの思いが募るのですが、追いかければ逃げるし、遠ざかれば輝くような微笑を送って来るミコルの心が解らずにいたのです。
やがて、ユダヤ人迫害が強まっていく中、ミコルはアルベルトの親友マルテーナに身体を許し、それをある予感で駆けつけたジョルジョが目撃してしまうのです。
病弱なアルベルトは高熱に喘いだ挙句死んでしまい、マルテーナはソ連戦で戦死。容赦ないユダヤ人狩りの中ミコルたちも捕らえられてしまうのです。。。
ミコルには時代背景の中、不吉な予感を感じていたのでしょうか。ミコルもジョルジョのことは好きだったと思うのです。
だけど、2人ともユダヤ人。彼女は幼い頃の初恋の思い出を胸にしていたかったのでしょう。
1971年ベルリン国際映画祭グランプリ受賞。ジョルジョ・バッサーニの『フィンツィ・コンティーニ家の庭』を『ひまわり』のデ・シーカが監督。ドミニク・サンダの映画デビュー作。ヘルムート出演という、まさにお宝作品です♪
日本でも公開されていたようですが、私が見ることのできたのはイタリア語に英語字幕のビデオだったので、日本語字幕版を観たいです~。
毒気の一切ない繊細な青年役のヘルムートの本当に麗しい事。金髪に白いガウンのヘルムートの美しさを観る事が出来ただけで大満足な作品でした。

監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
出演:ドミニク・サンダ/リノ・カポリッチオ/ヘルムート・バーガー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。