be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な関係

危険な関係 危険な関係
ジェラール・フィリップ (2003/04/25)
アイ・ヴィー・シー

この商品の詳細を見る


ストーリー
外交官ヴァルモンと妻ジュリエットは互いに愛し合いながらも、他に恋人を作るのを是とし、その秘め事の報告をしあい、後始末を共にするのを楽しんでいた。妻にはジェリーという愛人がいたが、彼が婚約したことに憤り、夫にその相手セシルの純潔を奪わせた。が、彼女は彼女でダンスニというもう一人の恋人がいた。ヴァルモンは火遊びの相手のつもりのマリアンヌ夫人に本気で惚れてしまう。

相当前にスティーブン・フリアーズの方を観たことがあったのですが、同じ、ド・ラクロの『ヴァルモン』原作の作品です。
先日、ジェラール・フィリップの作品を初めて観て、他の作品を観てみたくなったのですが、こちらは舞台が当時のパリに置き換えられています。
大まかな内容は同じなのですが、フリアーズの方は豪華な舞台や衣装が印象に残っていてあまりよく覚えていません(笑)
凝り性の私は当時、マルコヴィッチに嵌っていてそのときに観まくった作品なのです(^^ゞ
外交官ヴァルモンと妻ジュリエットはお互いを尊敬し愛し合っているのです。が、自由人であることをモットーとしていて、お互いが恋人を作りその報告をしたり、後腐れなく別れる手伝いをしたりすることを楽しみとしていたのです。
ある日ジュリエットの恋人がセシルと言う女性と婚約したことを知り、ヴァルモンにそのセシルを落とすように仕向けるのです。
セシルを落とす目的でスキーに行ったヴァルモンは貞淑なマリアンヌ夫人も同時に落とそうとしたのですが、やがて火遊びのつもりが本当に惚れてしまうのです。
そのセシルは婚約はしたものの、実は他に好きな人がいて・・・と、世の中の人間がみんなこんな状態だったら貞節なんて言葉はなくなってしまうことでしょう(笑)
1959年の作品だそうですが、不埒な作品も数多く観た中で(笑)こういう内容にも拘らず、ここまで上品に仕上がっていることに驚きます。
周りの反応などがフランスらしくって面白かったりして、小粋な作品だなぁと思いました。
フリアーズの方は時代背景が全然違うけど、今を舞台にこの作品を映画化したらきっとポルノになってしまうんでしょうね(^^ゞ
白黒の画面にスキー場のシーンは見難かったけど、こういう作品を観ると映画ってやっぱりいいなぁと思います~♪

監督:ロジェ・ヴァディム
出演:ジャンヌ・モロー/ジェラール・フィリップ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。