be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰郷

帰郷 帰郷
ジェーン・フォンダ (2006/08/04)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
海兵隊大尉である夫のボブ(B・ダーン)をベトナムの最前線を送り出した妻サリー(J・フォンダ)は、ボランティアとして働く基地付属病院で学生時代のクラスメイト、ルーク(J・ヴォイト)と再会する。ルークはベトナムで傷を負い下半身不随となり車椅子での生活を余儀なくされていた。ルークとサリーは互いに惹かれ愛しあうようになる。だが反戦運動に没頭するルークに、サリーはとまどいを隠せない。そして戦地からは夫がようやく帰還してくる

実はこの映画のことは全然知らなくて、DVDを1枚買ったら1枚ただというキャンペーンに乗っかって衝動買いです(^^ゞ
とにかくまず驚いたのが時代背景もあるのでしょうけど、しょっぱなから古いストーンズの曲が流れてきてその後も当時のストーンズの曲が色々。それ以外にも懐かしくて嬉しくなるような曲がてんこ盛りでした♪
映画の方は、貞淑な妻が夫がベトナムへ行っているときに、同じくベトナムへ行って下半身不随になり自暴自棄になっていた旧友にボランティアに行っていた病院で再会し、やがて愛し合うようになる・・・といった、前半は主婦の不倫話のような作品でした(^^ゞ
後半大詰めのルークの演説は、この映画の公開時期を考えると相当勇気の入った作品なのだなぁと思いました。
ハル・アシュビーはその後ストーンズのライブ映画を撮っているのですけど、元々親交があったのかこの映画がきっかけなのか・・・などと映画とは離れた部分で気になったりしました。
ジェーン・フォンダとジョン・ヴォイトがオスカーを取ったそうですけど、確かにジョン・ヴォイトは良かったです。
ちょっと観るのが遅かったかもしれません(^^ゞ
音楽だけが印象に残った作品となってしまいました。

監督:ハル・アシュビー
出演:ジェーン・フォンダ/ジョン・ヴォイト他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。