be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
レオナルド・ディカプリオ (2006/01/27)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
高校生のフランク・W・アバグネイルは尊敬する父が母と離婚すると聞き、ショックで衝動的に家を飛び出してしまう。そして、生活のため偽造小切手の詐欺を始めるようになる。最初はなかなかうまくいかなかったが、大手航空会社のパイロットに成りすますと誰もがもののみごとに騙された。これに味をしめたフランクは小切手の偽造を繰り返し巨額の資金を手に入れるのだった。一方、巨額小切手偽造詐欺事件を捜査していたFBI捜査官カール・ハンラティは、徐々に犯人に迫っていくのだったが…

この作品は、今もFBIのアドバイザーとして活躍するフランク・W・アバグネイルと、彼を執拗に追い掛けた捜査官スタン・レディングによる同名自叙伝を原作とするスピルバーグ監督作です。
アバグネイルは仲がいいと信じていた両親の離婚をきっかけに、衝動的に家を出ます。
食べていくために必要なものは金。父から誕生日に貰った小切手帳で現金を換金しようとしても、信頼がないため誰も換金してくれません。
未成年で何者でもないアバグネイルは、信頼のために何者かになろうとするのです。
パイロットに扮し小切手帳を見せると信頼で普通より沢山換金出来る事等を知り、その後、天才詐欺師と言われるほどに、小切手や銀行の仕組みなどを勉強していくのです。
単純に面白いと感じる作品です(笑)
航空会社の小切手帳のマークを、その飛行機のプラモデルのシールを利用したり、詐欺師を追いかける刑事もまさかそんな子供の仕業とは知らないので、子供ならではの発想に思いもよらなかったのでしょう。
父親の影響を受けていたことは明らかですが、どこかで歯止めの効かなくなった自分を叱り飛ばしてくれる人を探していたのかもしれませんね。
逮捕後、スタン・レディングとの親交の中、FBIのアドバイザーをすることになったのもスタン・レディングに父親の背中のようなものを見つけたのかもしれない・・・などと感じたりしました。
けど、よく裁判でも取引などの事を聞きますが、これほどの詐欺を働いた人物を実際、小切手偽造のプロとしてFBIのアドバイザーとして契約すると言うのが、アメリカって凄い国だなぁと感心してしまいました。

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。