be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライム・アンド・パニッシュメント

クライム アンド パニッシュメント クライム アンド パニッシュメント
モニカ・キーナ (2002/04/26)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
カリフォルニア郊外。高校生ロザンヌは美人で、彼氏もアメフト部のスタープレーヤー。誰からも羨望の眼差しで見られる憧れの存在。一方、彼女を慕いながらも、いつもカメラのファインダー越しにしか彼女を見ることができない内気な青年ヴィンセント。ロザンヌもそのことは承知していたが、人気者の証ととくに取り合うことはなかった。そんなある日、母マギーが家を出てしまう。義父フレッドと二人だけの日々が始まるが、ある夜、ロザンヌはフレッドに犯される。ショックを受けたロザンヌは恋人ジミーと共謀しフレッド殺害を計画、実行するのだが……。

ドストエフスキーの『罪と罰』を、時代を現代のアメリカに置き換えたものらしいです。凶器は斧ではありません(笑)
殺人の動機もレイプした義父に対する憎しみだったりと原作とはかなり設定自体から変っています。
罪を犯して罰を受ける、罰を受けても罪は消えないということを、ロザンヌを慕うほぼストーカーのような青年ヴィンセントとの拘わりの中で方向が決まっていくわけです。この悟りきったようなヴィンセントが結構不気味でよかったです(笑)
とはいえ、このヴィンセントってよく解らない人物で、歳の割に悟りきった様子なのに隣に住むロザンヌを四六時中見ていて彼氏とのデート現場などまで写真に撮っていたり、ロザンヌの殺人を知っているのに動じず、好きなら頼ってきている時に優しい言葉の1つもかけてあげればいいのに、妙に突き放してみたり・・・
とにかく全体的な雰囲気がアンマッチという感じがしました。
ヴィンセントという謎の青年がいなければこの映画は成立しないんですけど、このヴィンセントがなんか別物なんです。だけど印象に残るキャラクターなんですよね。
なんとなく不思議な映画でした。

監督:ロブ・シュミット
出演:モニカ・キーナ/ヴィンセント・カーシーザー/エレン・バーキン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。