be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、陽はふたたび

明日、陽はふたたび


明日、陽はふたたび / マルコ・バリアーニ

ストーリー
イタリアの古都アッシジを、夜、大地震が襲った。住民は避難してテントなどでの共同生活を始めた。子供たちにとっては楽しい体験だが、大人たちは失意の中、日々の生活を営んでいく。小学生のアゴスティーノは大好きな母が他の子供たちに優しく接するのを見て嫉妬している。一方、クラスメートの少女2人はアゴスティーノをめぐって友情にヒビが入っていく。フレスコ画の傑作アンジェリコの『受胎告知』を修復するイギリス人のアンドリューは、仕事に夢中で妻をほったらかし。そして、小学校の教師ベティは生徒たちを懸命に励まし続ける……

1997年9月、実際に起こったイタリア中部の“アッシジの大地震”を背景として作られた作品だそうです。
その夜地鳴りと共に大地震が起こり、家が倒壊し、電気が消えていく。真っ暗な中で人々は広場に集まり、援助を求めて連絡を取ろうとするのです。やがて無線で連絡が取れ、救急車や危険建物の点検や食事の援助などが始まります。その後、テントを張り、復旧に向けて動き出す人々のそれぞれの事情を含めて淡々と描かれています。
どうしても阪神大震災を経験しているので、思い出したり比べたりして観てしまいました。
地震の規模や種類も違うのでしょうけど、最初地震の際に直ぐに毛布や手近な防寒着を着て外へ飛び出す人たちを見て、私のときはそのまま転がっていて、立つことさえ出来なかったなぁとか、度重なる余震に怯えていたことや、それぞれの立場など、考えさせられると言うよりは観たり聞いたりしたことと重複する部分は多かったです。
それぞれの立場で復旧・復興に向かおうとしているのに、精神的に追い詰められていく様子もそこここで見聞きした話なのです。
地震大国日本に住んでいて、東海地震のことも話題になっている昨今。
改めて天災の恐ろしさ、備えなどについて考えてしまいました。

監督:フランチェスカ・アルキブージ
出演:マルコ・バリアーニ/オルネラ・ムーティ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。