be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルサ!

サルサ! サルサ!
ヴァンサン・ルクール (2004/03/03)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
ラテン音楽に魅了されたフランス人天才ピアニストのレミは、輝かしい未来を捨てサルサの世界へ。ところが、キューバ人に“サルサはチョコレート(黒人)じゃなきゃダメ”と門前払いをくらってしまう。諦めきれないレミは、肌と髪の色を変え身も心もキューバ人になすまし、魅力的な恋人ナタリーも出来るのだが……

ヴァンサン・ルクールの映画初出演作品だそうです。『父よ』でルクールを知ったのですが美形俳優の活躍は嬉しいですね(笑)
映画自体はクラシックの天才ピアニストであるレミ(ルクール)が、ショパンを捨てて情熱のラテン音楽サルサに魅せられ、キューバ・バーに出入し、キューバ・バンドに接触するのですが、求められているのはバニラ色の肌のフランス人ではなく、チョコレート色のキューバ人。
ショパンを捨ててまで飛び込んだ世界で生きて行くために、肌を焼き、髪を染めてキューバ人に成りすまし、やがてレミをキューバ人だと思ったナタリーと恋愛関係になるのですが、そのナタリーのおばあちゃんのエピソードもなかなかよかったと思いました。
ストーリー自体は、サルサに魅せられ自分を偽り飛びこんだ世界で、内面の大切さに気付いていく・・・と言ってしまうとつまらないか(笑)
軽快で情熱的なサルサのリズムだけでも楽しめますよ。
ルクールをご存知ない方はアラン・ドロンの再来(( ̄д ̄) エー・笑)と言われているそうなので、一度チェックを入れてみて下さい。

監督・脚本:ジョイス・シャルマン・ブニュエル 
出演:ヴァンサン・ルクール/クリスティアンヌ・グゥ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。