be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと 死ぬまでにしたい10のこと
ペドロ・アルモドバル、アウグスティン・アルモドバル 他 (2004/04/24)
松竹
この商品の詳細を見る


ストーリー
23歳のアンは、17歳で初めてキスをした相手の娘を出産し、その後もう一人の娘を設け、現在は失業中の夫と、母の家の裏庭のトレーラーハウスで暮らし、深夜に学校の掃除の仕事をこなすという生活を送っていた。
ある日、卒倒したアンは病院の検査の結果、癌が見つかり、若さのせいで進行が早く、わずか余命2~3ヶ月と宣告されるのです。
アンは母にも、愛する夫にも誰にもその事実を知らせず、ノートに死ぬまでにすることを書き留め、その10項目を実行していくのですが・・・

この作品も公開当時観られた方から感想をお聞きしていて、いつか観ようと思っていた作品です。
17歳の時にコンサート会場で出逢った夫との子を出産し、その後もう一人娘を設け、母の家の裏庭にでトレーラーハウスで暮らすアン。
夫は現在失業中だが、深く愛し合っている。母はうまくいかない人生を嘆いてばかりいる人で、父はどこかの刑務所に入っていて何年も逢っていない。
生活のために深夜に学校の清掃の仕事もこなしているアンは、ある日いきなり卒倒してしまい、病院で検査したところ、卵巣に腫瘍があり、すでに転移をしていて末期であること、余命が2~3ヶ月であることを告知されます。
その事実を誰にも告げることなく、死ぬまでに自分がしようと思うことをリストアップし、順番にこなしていく・・・・という話です。
まずこの手の映画を観るとどうしても自分なら・・・と、考えてしまうのですが、アンが誰にも言わなかったこと、その心情は理解出来ます。
労わられ、大事にされ、病院で迎える最後。それなら理解を示してくれる医師の下で最後まで自分らしく生きたい。まだ若く、一杯したかったことがあったのだからとリストアップした10のことをこなしたい。
アンは強いなぁ~~とまず感じます。私なら色んな時点で「実はね・・」って言ってしまいそう(笑)
それよりもまず、そういう状況になった時に「死ぬまでにしたいこと」ってなんだろう?と考えてしまいました。
私の場合に置き換えて考えた時に、思い残すことは一杯あるだろうと思います。だけどその時点で自分のことで精一杯になってしまい、パニックになったり、隠すことは出来ないだろうから家族に言って、その家族に当たり、迷惑な死に方をするのがオチかな?(^^ゞ
その中で、諦めという気持ちが生まれてきて、最後は淡々と暮らすのかしら?なんて。。。(^^ゞ
先日観た『みなさん、さようなら』の主人公は、勝手気ままに生きたおじいさん。そしてある意味理想的とも言える形で去ってしまいました。
彼と比べると、あまりに若すぎるし、まだ何も出来ていない。
この作品も死を扱っていますが、その生き方に焦点があったっているので、暗さというよりは、前向きなイメージの作品となっています。
死ぬには本当に若すぎる年齢ではあります。だけど、これもある意味、理想的な死に方なのかも??(^^ゞ

監督・脚本:イザベル・コヘット 
出演:サラ・ポーリー/スコット・スピードマン/デボラ・ハリー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。