be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D110719243.jpg


ストーリー
ラ・サンテ刑務所でもとりわけ厳戒な牢獄の一室。中には神父というあだ名を持つ最年長のヴォスラン、3度も脱獄歴のあるローラン、目つきの鋭いマニュ、そして女好きなジェオがいた。そこへガスパールという新顔が入ってくる。地下に穴を掘るという脱獄計画を練っていた4人は、迷いながらもガスパールを仲間に加えた。5人は綿密な準備のもとに穴を掘りすすめるが……。歯ブラシの柄に結わえ付けた鏡の破片、薬瓶を利用した砂時計といった小道具や、コンクリートの地面を叩き砕く音、鉄格子をヤスリで切り落とす音、看守の足音といった効果音の演出がストイックなまでの緊張感を高め、息を呑むラストシーンまで一分の隙もない、全編クライマックスの連続! 原作はジョゼ・ジョヴァンニが自らの脱獄経験を元にして書いた同名小説。そのうちの一人である実際の脱獄囚ジャン=ケロディがそのまま出演している。
これが遺作となったジャック・ベッケル監督の傑作の1本。

随分昔に映画館で1度見たきりだったのですが、最近久し振りに観ました。
この映画の好きなところは、1番はカメラアングルです。
と言っても穴を掘ってるんですから、その穴を掘ってる人と、その穴しか撮るところはないんです。なのにじ~~~っと見てしまうんですよね。
それと音。音楽なんてなくってコンクリートをベットの金具でひたすら殴るその音。
看守の足音。話し声とまわりの音だけなんですよね。
脱獄するためだから、もちろんまわりに知れては困るわけで、この人たちはちょっとやそっと我慢したくらいでは出所出来ないから脱獄を計画しているわけです。
つまり重罪を犯しているわけです。そんな人たちは絶対に脱獄させてはいけません。
・・・なんですが、どうも応援したくなっちゃうんですよね。
ガスパールの気持ちも解らなくはないのですけど・・・・
とにかく心理描写といい、緊迫感といい、素晴らしい作品です。是非ご覧下さい!

監督:ジャック・ベッケル
出演:ジャン=ケロディ/フィリップ・ルロワ/ミシェル・コンスタンタン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。