be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉のいた夏、いない夏

姉のいた夏、いない夏 姉のいた夏、いない夏
キャメロン・ディアス (2001/12/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
大きな存在だった姉の死の真相を知るためヨーロッパを旅する一人の女性の心の成長を描いたロード・ムービー。
1976年。高校を卒業したフィービー(J・ブリュースター)は、7年前、恋人とヨーロッパへ旅立ったまま帰らぬ人となった姉フェイス(C・ディアス)の死を今も引きずっていた。
フィービーは姉の死の真相を知るため、母親の反対を押し切って、姉の足跡をたどる旅に出るのだった……

まず、ロードムービーならではの景色の素晴らしさ。パリ・アムステルダム・ベルリン・ポルトガル・・・特にポルトガルの海は本当に綺麗でした。あと、印象に残ってるのが音楽。大体70年代が舞台なんですが、今のシーンをアコースティックな感じに、70年代のシーンはサイケな音楽を持ってきたり・・・。最初、キャメロン・ディアスがフレアのジーパンをはいて、フラフラ踊ってるんですけど、音楽も含めてそこからもう入り込んでしまいました。
ジェニファー・イーガンと言う女流作家の処女作の「THE INVISIBLE CIRCUS」が原作らしいので、本の方も見てみたいなぁと思いました。
内容は、歳の離れた姉が彼氏とヨーロッパに旅行に行ったままついに戻らず、どんどん姉を偶像化していく妹が、姉から当時届いていた絵ハガキを頼りに姉の辿った道を旅していくうちに大人になっていく・・・ってストーリーなんですが、ま。そこはちょこちょこ突っ込みたいとこもないではないですが(笑)、ほろりとするところもあって、なかなかのお勧め作品です。
製作のジュリア・チャスマンとニック・ウェクスラーのコンビは、「クイルズ」のプロデューサーコンビだそうで・・・
前に「クイルズ」がいいと勧めてもらったけど、ますます観たくなりました。
そうそう、1つだけ文句を(爆) タイトルなんとかならなかったのかな? 
「THE INVISIBLE CIRCUS」のままの方がよかった気がする。(爆)

監督:アダム・ブルックス
出演:ジョーダナ・ブリュースター/クリストファー・エクルストン/キャメロン・ディアス他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。