be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白と黒の恋人たち

白と黒の恋人たち 白と黒の恋人たち
メディ・ベラ・カセム (2003/07/04)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


ストーリー
冬のパリ。若き映画監督のフランソワは、街で女優志望の学生リュシーと出会い、その瞬間から恋に落ちる。2人は急速に愛を深めていった。そしてフランソワは、構想中の新作のヒロインにリュシーを抜擢する。早速アムステルダムで撮影を開始するが、フランソワは資金調達に苦しんでいた。そこで初老の男シャスに資金提供を願い出たが、その条件としてヘロインを運ぶことを要求される。その条件に対して彼が悩む一方、リュシーはヒロインの役柄を上手く演じられない自分に苛立ち、戸惑い始めていた…

公開当時気にはなっていたのですが、レイトでの公開だったので観ることが出来なかった作品です。
ガレル監督の自伝的な作品なんだとか・・・。
フランソワ役のメディ・ベラ・カセムという人はフランスで今注目を集めている作家なのだそうです。
リュシー役のジュリア・フォールもとても綺麗な人でしたが、メディ・ベラ・カセムというのが、若かりしアングラードを髣髴とさせるイケメンでした(笑)
映画は若き映画監督フランソワが街で女優志願の学生リュシーと出逢い、たちまち恋に落ちるのです。
リュシーは他の男性と同居中だったのですが、別れてフランソワの元に来て2人は急速に愛を深めていくのです。
リュシーは受けていたオーディションに通り、地方巡業の劇団と4ヶ月の旅に行くことをフランソワに伝えるのですが、フランソワはヘロインの恐さを描いた作品の構想を持っていて、その作品の主演にリュシーをと考えていたのでした。
資金調達がうまくいっていなかった時に紹介されたシャスにヘロインの密輸を手伝うことを条件に資金調達を申し出られるのです。
もっと激しい恋愛の話だと想像していたのですが、想像以上に静かな作品でした。
ヘロインの恐さを扱った作品を撮影し始めたのですが、その資金はヘロインの密輸の手伝い。
ヒロインに抜擢されたリュシーはうまく演じられずやがて身近な逃げ道を見つけてしまうのです。
モノクロのとても綺麗な作品です。テーマともこのモノクロの色彩がとてもあっているのかとも思いました。

***** ネ タ バ レ *****

ちょっと辛口になってしまいますが、恋愛の話も、作品に対するフランソワの情熱も、女優の卵であるリュシーのせっかくの映画の主演の話も、全てに情熱が足りないような気がして少し残念な気がしました。
主演2人は監督の大抜擢ということらしいですけど、ビジュアルで抜擢してしまったような気がしないでもなかったです。

そういえばフランソワがリュシーで映画を撮りたいと言った時にも、1度も演技を見ていなかったような・・・(^^ゞ

監督:フィリップ・ガレル 
出演:メディ・ベラ・カセム/ジュリア・フォール他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。