be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真珠の耳飾りの少女

真珠の耳飾りの少女 通常版 真珠の耳飾りの少女 通常版
スカーレット・ヨハンソン (2005/01/14)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


ストーリー
1665年、オランダ。天才画家フェルメールの家に使用人としてやってきた少女グリート。しかし彼女はその色彩的才能を見出され、やがて弟子として画家に想像力を与えるようになる。主人と使用人としての距離を保ちつつも、次第にお互いが本能で理解し合える運命の相手だと気づく二人。許されぬ恋。少女は画家と芸術のためにその身を危険に晒すことになる・・・。(DVD解説より)

実に残念です。と言っても気に入らなかったという訳ではないのですが、公開当時観たかったのに観られず、観られた方の感想も相当良かったし、悔しくて原作を先に読んでしまったのです。
映画の方はグリートもフェルメールも本当に台詞の少ない作品なのですが、原作の方はそのグリートの心情がとても丁寧に描写されているのです。
映画を観てから原作を読めばよかったと激しく後悔しております。。。
17世紀に活躍した天才画家フェルメールの『青いターバンの少女』という一枚の絵から、その作品の誕生秘話を綴ったフィクションの同名原作を元に作られた作品です。(くれぐれも先に原作を読まないように!・笑)
けど、その丁寧な心理描写を、ヨハンソンは実に丁寧に演じていると思います。
使用人のオドオドした様子の中に芯の強さが見え、小さなしぐさやちょっとした視線で全てを演じきっていると思います。
原作以上に良かったのが妻の存在。原作では全てを取り仕切っている母親の存在が相当大きく、フェルメールがパトロンの依頼によりグリートの絵を描くことになった時も、屋根裏でフェルメールの手伝いをすることも全て知った上で、妻(=娘)に隠していたのです。
映画では妻の存在が結構大きく、グリートの密かな思いの視線の先にあるフェルメールと妻の様子や、ラストの激情も、あれがあったからこそ、最後の望みをかけたかのようなグリートの視線が生きてくるように感じました。
噂に聞いていたピアスの穴を開けるシーンは、字幕に「やって」とフェルメールに穴を開けてくれるようにグリートが言うのですが、実は違和感を感じてしまったのです。
絵画の中にあった椅子を片付け背景を変えてしまうシーンでもはっきりと主張をするのですが、このシーンにも違和感を感じてしまったのです。
全ての原因はフェルメールの存在感の薄さから来ているような気がしてしまいました(^^ゞ
その後に肉屋の恋人を大胆に誘いに行くシーンにグリートの本意や、フェルメールには見せない性格がはっきり出ていると思います。
この作品はアカデミー賞の撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞にノミネートされていましたが、とにかくどのシーンも一幅の絵画のような美しい映像や光は必見です。

監督:ピーター・ウェーバー 
出演:スカーレット・ヨハンソン/コリン・ファース他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。