be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック スクール・オブ・ロック
ジャック・ブラック (2006/06/09)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


ストーリー
破天荒な性格ゆえ自分のバンドを首になったギタリスト、デューイ。親友ネッドのアパートに居候しているが家賃を滞納してネッドの彼女から追い出されそうに。ネッドの代用教員の話にお金欲しさからネッドに成りすまして名門校の臨時教師にまんまと就いてしまう。管理教育の元、従順な覇気のない生徒たちが音楽の才能のあることを知り、デューイはある計画を立てるのですが・・・・。

公開当時から痛快ロックコメディーで、この手の音楽が好きな私には絶対にお薦め~~♪と聞いていた作品をようやく観ることが出来ました(^^ゞ
見終わった後は、本当に痛快で後味のいい作品でした。
見所も満載で、音楽も懐かしくて涙チョチョ切れ(^^ゞ
正直言うと最初の頃は、この太った自己中心的なおっさんが(笑)自分のためだけにイタイケな子供達を利用している姿にムム~~~と感じていたのです。
それが狙いだったようで、まんまと引っかかってしまいました(笑)
ロックを始めるときはいつの時代もとりあえず「スモーク・オン・ザ・ウォーター」なんだ・・・とか感じながら、懐かしい音楽を聴いては、あーこれ、タイトルなんだっけ~~?などと唸ったり(^^ゞ
キャスティングも素晴らしく、出演の子供達のキャラクターが本当にピッタリ♪
当時若かったロック・ミュージシャン達も自分の実力を把握したり、いきなりまっとうな生活に切り替え、音楽は趣味と割り切る人たちが多い中、デューイだけはいつまでも現役のバリバリ、ロック・ミュージシャン。
世間や周りの求めている音楽を演るのではなく、あくまで自分のしたい音楽を自分のスタイルで(笑)
途中ギターの少年が作った曲をどんどん作り上げていく姿は、ゴダールの『ワン・プラス・ワン』でのストーンズをちょっと思い出したりもしました(^^ゞ
リードギターのザック役の少年は、幼少の頃からギターを弾いていたとか?
相当な実力で、彼には本当にロック・ミュージシャンになって欲しいと感じました。
黒人の少女の発声にビックリしたり、ベースの少女のノリがロック!
この子、かっこいいじゃん~~~などと楽しく観る事が出来ました♪

監督:リチャード・リンクレイター 
出演:ジャック・ブラック/ジョーン・キューザック他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。