be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての美しい馬

すべての美しい馬 すべての美しい馬
マット・デイモン (2005/12/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
1949年、テキサス州。父の牧場を継ぐことを望んでいたジョンだったが、父の死後、母は土地を売り払ってしまう。カウボーイの夢を諦めきれないジョンは、友人のレイシーとともに、新たな土地を求めてメキシコへ向けて旅に出るのだったが……。

いつものように殆ど情報のないまま見たんですけど、私はこの話ってマット・デイモンとペネロペ・クルスの恋愛の話なんだと思っていたんです。原作も読んでいなかったし・・・
大いなる勘違い(笑)
話としては祖父の残した牧場を継ぐつもりだったジョンが、父を亡くしたことにより牧場を経営する気のない母が牧場を売ってしまい、親友のレイシーと共に、カウボーイの夢を果たすべく新天地を求めてメキシコに渡り、数々の苦境を乗り越えやがて人間的に成長していく・・・と言う話です。
その恋愛も彼を成長させるひとつのエピソードなんですよね。
国境越えや、たまたま知り合った少年との拘わりの中で馬を取り戻すエピソードや、暴れ馬を馴らすシーンだったり、刑務所での酷い生活だったり・・・
この原作は相当長いものなのでしょうか?
映画を観る限り、そのエピソードをやはり点々と拾い集めているというような感じが拭い切れないような気がしました。
なんとなく映画自体がとても淡白な気がしたんですよね。
とはいえ、広大な景色に颯爽と馬が疾走する風景など、本当に風が匂うようなとても綺麗な映像です。
また映画館で観ていればなぁ~と思ってしまった映画なのでした。

監督:ビリー・ボブ・ソーントン 
出演:マット・デイモン/ヘンリー・トーマス/ペネロペ・クルス他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。