be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のピアニスト

戦場のピアニスト 戦場のピアニスト
エイドリアン・ブロディ (2003/08/22)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツが侵攻したこの日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマンはワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。街はドイツ軍に占拠され、ユダヤ人をゲットー(ユダヤ人居住区)へ強制移住させるなどの迫害が始まる。シュピルマン家も住み慣れた家を追われる。ゲットー内のカフェでピアノ弾きの職を得た彼は、様々な迫害に遭いながらも静かに時をやり過ごす。しかし、やがて一家を含む大量のユダヤ人が収容所へと向かう列車に乗せられる。その時、一人の男が列車に乗り込もうとしていたウワディクを引き留めた・・・

本当に素晴らしい作品に出会えました。昨年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞し、その他も数々の賞を受賞しているこの作品ですけど、そのカンヌ映画祭の授賞式では、スタンディングオベイションが鳴り止まなかったとのこと。
いきなりラストの事をいいますけど、最後にピアノの演奏が終わり映画のなかの観客たちがスタンディングオベイションをするんです。私も思わず一緒になって拍手をしそうになりました。目には涙を浮かべて・・・・

ユダヤ人やナチス・ドイツ、ゲットーなどと言うと、「シンドラーのリスト」を思い出しますが、あの話は一人のヒーローと全体を把握した上での話でした。
この映画では、主人公のシュピルマンというピアニストの視線で観たままの話なのです。
シュピルマンはシンドラーのような英雄ではなく、ポーランドに住むユダヤ人ピアニストなのです。
ポランスキー自身が幼い頃にクラクフのゲットーで過ごし、戦中そこで母親を亡くしたと言う経歴を持つそうですが、ポランスキーの演出は、何かを「言葉で」伝えるものではなく、ただ淡々と事実を視覚で訴えているように感じました。
事実、後半はシュピルマンの隠れ家での様子を描いているので、物音1つ、言葉さえも発しないのです。
その見えるままの様子は、想像を絶するものがあり、目を覆いたくなるようなシーンも数多くあるのですが、これは目をそらしてはいけない、しっかり見ておかなければならない事実なのです。
淡々と描いている中で印象的だったのが、必ずしもナチス・ドイツの全部が悪いわけでもなく、ユダヤ人の中にも色んな人がいるのです。
加害者がナチス・ドイツという図式の映画は沢山見ましたけど、お互い人間。色んな人がいるのです。
そういう見たままを描いているので、惜し付けがましいメッセージはありません。
ただむなしさだけが残ってしまいました。
ドイツ人の発行する雇用証明書のないユダヤ人は収容所へ移されるという噂が流れれば、四方に手を回して雇用証明書を手に入れるのです。心からのお礼を言うシュピルマンにその雇用証明書を手配してくれた人は「いいさ。どうせ意味ないから・・・」と。
ゲットーに収容されてから長時間の通行待ちを余儀なくされていた道路で、「どうせすぐに橋が出来るよ」と。
この手の笑えない皮肉な会話もただ淡々とシュピルマンは聞いているだけなのです。
その後、ゲットーを脱出してから匿って貰った部屋の中から、ワルシャワ・ゲットー蜂起などを目撃するのです。
見ている私たちはシュピルマン同様、目撃者となるのです。
圧巻だったのは廃墟の中に隠れていた時にドイツ軍将校に見つかってしまい、音楽を愛するその将校にピアニストだと言うと何か1曲弾く様にといわれて弾いたショパンの調べ。
来る日も来る日も、飢えと孤独の中、想像の鍵盤を叩いていた指先が、本物の鍵盤の上をすべるように、時に情熱的に演奏するのです。
このシーンにもなんの言葉も発せられないのですが、知らない間に涙がこぼれてしまう熱いものが込み上げるシーンでした。
ポランスキーの演出、唖然とするような映像、とにかく目撃者とならなくてはならない作品なのです。
早々と今年のベスト1候補の作品と出逢うことが出来ました。

監督:ロマン・ポランスキー 
出演:エイドリアン・ブロディ/エミリア・フォックス他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。