be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽を盗んだ男

太陽を盗んだ男 太陽を盗んだ男
沢田研二 (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
中学校の孤独な物理教師、城戸誠は東海村の原子力発電所からプルトニウムを強奪、アパートの自室で原爆製造に成功する。TVのプロ野球中継を終わりまで見せろと政府を脅迫し、ラジオ番組を通じローリング・ストーンズの日本公演を要求するが不可能で、ついには5億円の要求にエスカレート。国家を敵に回しての孤独な戦いを始めるが……

最初に見たのはいつだったのでしょう? うちにあったビデオも相当昔、TVから撮ったものらしい・・・(相当画像は悪かった)つい最近、ニュープリント版とやらを映画館でやっているようで、ゴジサイトでも「太陽を盗んだ男」の話で、前々から盛り上がっているようです。
とにかく今見ても日本映画も捨てたもんじゃないな!って感じで、もし観ていない方があれば是非是非観てもらいたい作品です。東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗むシーンの撮り方が、ただの流し撮りじゃなくってカットを飛ばして・・・(あれってなんで言うんでしょう?)かえって臨場感があるシーンになっていると思います。この撮影をしている鈴木達夫って、寺山作品や、藤田敏八なんかと組んでる人で、詳しい事が解らないなりに、好きなカメラマンだったりします。(笑)
笑えるつぼが何故か沢山あって、プルトニウムを盗むアクションシーンの音楽がインベーダーゲームかなんかの音だったり、精製して金属プルトニウムに仕上げた時に仏壇の鈴(リン)台の上に置いてみたり、いきなり奇声を発して金網を駆け上ってみたり・・・。こういうシーンがあることによって、バイオレンスファンじゃない人にでも受け入れられる娯楽アクション映画に仕上がっているのだと思います。
原爆を作ったはいいけど、さて、何しましょ? みたいな感覚は許してはいけない事ですけど、なんか今の時代にも通じるところがあるような気もします。
ま。私にはそんな知識もないけど、大学を出たくらいの知識とプルトニウムさえあれば、誰にでも原爆が作れてしまうっていう言葉が結構恐かったです。 音楽はジュリーのバックバンドもやっていた井上尭之なんですが、この音楽もいいですよ。
沢田研二は、役者としても相当いいです(笑) スレンダーなジュリーをお楽しみ下さい(爆)

監督・脚本:長谷川和彦
出演:沢田研二/菅原文太/池上季実子他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。