be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デブラ・ウィンガーを探して

デブラ・ウィンガーを探して デブラ・ウィンガーを探して
ロザンナ・アークエット (2004/02/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
『グラン・ブルー』で印象的だった女優ロザンナ・アークエットの初監督するドキュメンタリー。
女優であり、母であり、年齢も40代になった彼女は、女優業と家庭との両立に悩み始め、突然引退したデブラ・ウィンガーの話を聞いてみたいと彼女を探します。34名もの一線で輝く女優達の普段見せない本音や、女性として、母として、女優としての本音を聞く。2002年カンヌ国際映画祭特別招待作品。

祖父はコメディアン、父も4人の弟妹達も全部役者で、自らも『グラン・ブルー』で印象的な役柄を演じたロザンナ・アークエットも40代になり、女優としての岐路を迎え、母親として、その両立に悩む1人の女性として、『愛と青春の旅立ち』『愛と追憶の日々』『永遠の愛に生きる』等アカデミーの主演女優賞にノミネートされた大女優デブラ・ウィンガーにその引退の話を聞く事により、自分探しをすると言った感じのドキュメンタリーです。
第一線で活躍する女優達の、普段は絶対に聞く事が出来ないような本音、ハリウッドの舞台裏などもとても興味深く、私は女優でも母でもないのですが(笑)、家庭や仕事、それに趣味の時間など、女性ならではの誰もが抱える悩みを赤裸々に語るのが、誰もが憧れる34名もの大女優達。
その誰もが憧れるという特殊な仕事を持った事のプレッシャーや悩み、それにも変えがたいほどのやりがいなどの話や、ハリウッドという華やかな表から見える部分の裏での女優達の悩みや憤り。
アークエットが人懐っこい顔でインタビューするので、その女優達も食事をしたりしながら気さくに応えるのです。
公開当時から興味を持っていたのですが、同じような悩みを抱きつつ、それでも輝き続けている優れた女達。正に女優です。
素直に尊敬してしまう単純な私ですが、加齢と共に気になる肌やその他の衰え(笑)
だけど、これは私の人生!と、堂々と見せて生きていけるようにと思ったり、今までを反省したり(自爆)
この映画は観て本当に良かったです。よし! 私も頑張るぞ!!(明日から・笑)

監督:ロザンナ・アークエット 
出演:パトリシア・アークエット/ロザンナ・アークエット/エマニュエル・ベアール他

Comment

初めまして 

通りすがりで失礼いたします。
大変興味深い作品だったので、TB巡業中です。
問題がありましたら削除していただいて結構です。

ロザンナ・アークェットの人柄が出ている、というのは僕も感じました。
これだけの個性的な女優達が一様に心を開いているのは、もちろん日頃の鬱憤がたまっていたせいもあるかもしれませんが、やっぱり彼女の人柄が大きいと思います。

フェミニズムとかは抜きにしても、どこか世の中は女性が「子育て」から逃げられないことに甘えている部分があるような気がします。

また寄らせていただきます^^
  • posted by はち 
  • URL 
  • 2006.08/21 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

ヽ(^O^)ノ いらしゃいませーo(_ _)o ぺこっ♪ 

はちさん、ヽ(^O^)ノ いらしゃいませーo(_ _)o ぺこっ♪
この作品は随分前に観たのですが、ロザンナの人柄があるからこそ、成立したような部分はありますよね。
女優という、人から憧れられる職業に就いたプライドやプレッシャーなど、赤裸々な話の数々はとても興味深かったです。

>女性が「子育て」から逃げられないことに甘えている部分
私はいい年ですが(笑)出産も子育ても経験がないので偉そうな事は言えないのですけど、それでも日々色んなことを考えたり、葛藤を覚えたりします。
日本ならではの男性と女性の違いという事もあると思いますが、まだまだ働く女性が出産して子育てするには必ずしも環境が整っているとは思わないです。
甘えなんて言ったら、きっと世の中の女性の大多数を敵に回してしまうかもしれませんよ~~w
けど、1本の作品からこういう話が出来る事はとっても興味深いことですよね。
足あと残して下さってありがとうございます。
こちらこそこれからもよろしくお願いします~~m(__)m
  • posted by ゆーこ。 
  • URL 
  • 2006.08/21 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

レスありがとうございました 

あらためてこんにちは^^

すみません、ちょっと説明不足だったかもしれません。
僕は「女性が子育てから逃げられないことに、世の中(男性の方)が甘えているのでは」と言いたかったんです。

男も「仕事第一」を免罪符のように使っていると、引退した時にツケが一気に返ってくるなんてことになりかねません。
日頃の心がけをしっかりしないといけませんね…(^_^;
  • posted by はち 
  • URL 
  • 2006.08/22 11:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

随分意味が違いますね(笑) 

はちさん、ドモ ヽ(゚▽゚*)(*゚▽゚)/ ドモ♪
再度のご来訪、ありがとうございますm(__)m

意味が180度違いますねー(笑)
私も早合点しちゃいました~~(^^ゞ

育児休業も、昔は出産した女性が取るものだったけど、今じゃ出産前後の休暇は母親が取って、その後の育児休業は父親が取る事例も出てきていますもんね。
時代も段々変わってきているように感じます。
けどそれもサラリーマンに限られるわけだし、特殊な仕事(女優)を持つとそれもママならず大変だろうなぁと感じずにはいられませんよね。
  • posted by ゆーこ。 
  • URL 
  • 2006.08/22 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。