be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友へ チング

友へ チング 友へ チング
ユ・オソン (2002/10/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
1976年夏、プサン。仲良く遊ぶ4人の小学生。ヤクザの息子ジュンソクは、口ベタながらケンカが強くまた友達思いで仲間の信頼も厚い。一方、葬儀屋の息子ドンスのほうもケンカっ早いが憎めいない奴。そして優等生のサンテクとお調子者のジュンホ。4人は幼なじみの大親友だった。しかし、小学校を卒業すると別々の中学へと進んだ。幸運にも高校で再び顔を合わせた4人だったが、昔のように一緒につるんでもどこかしっくり行かなくなっていた。そして、ある事件をきっかけにジュンソクとドンスは退学となってしまった……。

アジアの映画はあまり観ず、この映画の話も方々で聞いていたのですけど、今回初めて観ました。
チング=親旧と書き、親しい古くからの友人のことを言うそうです。
環境も性格も違う4人の小学生は何故か仲良しで、いつも一緒にいるのです。悪いことをするときも水遊びをするときも一緒で、見ていてほのぼのするようなシーンから始まります。
その後、別々の中学校へ行きその後高校で再開するのですが、また一緒にいても昔のようにはしっくり行かなくなっているのです。
ヤクザの息子のジュンソクはチンピラのようになっているし、葬儀屋の息子ドンスはジュンソクのパシリのよう。ジュンホは可もなく不可もなくお調子者のまま、優等生のサンテクは進学を控えているのです。
その後も2~3年ごとに色んなきっかけで彼らは再会するのですが、どんどん世界が違っていき、サンテクは大学生に、ジュンホも2年生の大学に、ジュンソクとドンスはヤクザの世界に入り込んでしまっていたのです。
その後、ジュンソクとドンスは対立する組織に所属することになり、チングたちは悲しい現実に立ち向かわなければならなくなるのです。
映画を観終わって感じたことは、これだけ環境が違ってしまっても分かり合える、信じあえる友達=チングがいたこと、その事実に涙してしまいました。
これも男の友情を描いた作品となっていますが、ジュンソクとドンスが逢った後、ドンスは空港へ行こうとしたのは、サンテクの見送りに行こうとしていたのでしょうか? それともハワイへ?
これからはアジアの作品も色々観ていこうかなぁと思わせてくれる作品となりました。

監督:クァク・キョンテク
出演:ユ・オソン/チャン・ドンゴン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。