be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリコロール/赤の愛

トリコロール/赤の愛 トリコロール/赤の愛
イレーヌ・ジャコブ (2005/11/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
フランス国旗の3色、青(自由)、白(平等)、赤(博愛)をテーマに、3人の女優を主演に迎え、ポーランドを代表する監督K・キェシロフスキが撮った連作の第3作。キェシロフスキ監督の遺作。
女学生のヴァランティーヌが知り合った初老の元判事には、他人の電話を盗聴するという悪習があった。彼女はそれをやめさせたいと思うが……

スイス、ジュネーブに住む女子大生のバランティーヌは、学業のかたわらモデルとしても活躍していて、イギリスに恋人もいるのですが、夜の電話だけの日々。彼の方も逢えないイライラからか『何故電話に出ない?』『男がいるのか?』などとの電話が増え、彼女も疑問を感じるようになってきます。そんなある日、彼女が犬を轢いてしまった事から引退した老判事と出会います。彼の趣味は他人の電話を盗聴することと聞き、嫌悪感を抱いたと思います。
この「赤」のテーマは博愛という事ですが、この歳若い娘の歳の離れた老判事への博愛がテーマということなのでしょうか??
そう言えば、3部作の中に全て出てきた腰の曲がったおばあさん。ゴミを箱に入れているのか、入れ口が高すぎて苦労しているのを手伝ってあげたのはこのバランティーヌだけでしたね(笑)
ラストのエピソードはそれぞれのその後を垣間見たようで私はよかったと思いました。けど、あの連れて行って貰ったワンちゃんは一体。。。

トリコロールシリーズでは「赤」が好きだという話をよく聞きました。
確かに私もこの「赤」も好きですけど、最初から主人公と並行して描かれている男女の話との拘わりがどうなるのかという興味で引きずられていったのですけど、私はそれぞれの主演女優の中で一番感情移入をしやすかった「白」がよかったと思いました。

監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
出演:イレーヌ・ジャコブ/ジャン=ルイ・トランティニャン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。