be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネル

トンネル

トンネル / ハイノー・フェルヒ

ストーリー
1961年8月、ベルリン。一夜にして東西ドイツが分断されてしまう。西側への人々の流出を阻止するため東ドイツは東西ベルリンの境界線に壁を作ることを決定し、有刺鉄線を張り巡らし銃を持った兵士を監視に当たらせたのだ。これにより、それまで比較的行き来が容易だったために運悪くその時東西ベルリンに別々にいた愛する家族や恋人までもが引き裂かれることとなった。早々に西ベルリンに逃げたハリー、マチス、フリッツィらは、東側に残してきてしまった大切な人を救い出すためにトンネルの建設を計画するのだった……

1989年11月9日、東西ドイツの統一と東側の民主化を求める市民の力により崩壊した“ベルリンの壁”。
敗戦後、東西に分断されたドイツも、1961年8月13日以前は比較的自由に行き来できていたそうですが、西側への亡命者が続出して来たことから、一夜にして有刺鉄線が張り巡らされてしまったのです。
偶然家族とは反対側に来ていたために引き裂かれた家族もあったことでしょう…。
本当の意味での近くて遠い国ということになってしまったのです。
この映画はそうやって離れ離れになってしまった愛する人を取り戻すため、危険を顧みず壁の下に145mのトンネルを掘り29人を東側から脱出させることに成功したという実話だそうです。
ベルリンの壁が倒壊してから15年(?! もうそんなに経ったのね…)今だからこそ愛の話として成功しているのだと思うのです。
敗戦国となりまだまだ不安定な状況の中、自分を守るので精一杯という状態で愛する家族や恋人ともう一度逢いたい! その思いだけ。
壁の崩壊の映像はTVで見ていましたが、その壁を西側で作らされている彼氏とこっそりと手紙のやり取りをしたり、沢山の同士の手引きで愛する人の安否を確認したり。
その中には自分や愛する者を守るためにスパイとなってしまう人もいるのです。
勿論裏切りではあるのですが、その愛する人を思う気持ちは皆、理解出来る状況なのでしょう。
ありとあらゆる感情を総動員して、勿論殴り合うこともあって、それでもトンネルを掘り続けるのです。
その後、このトンネルから沢山の人が西側に移動し、このトンネルが東側に水没されてからも沢山のトンネルが掘られたそうです。
時代背景は勿論大事ですけど、これは愛の話です。是非ご覧になって下さいm(__)m

監督:ローランド・ズゾ・リヒター
出演:ハイノ・フェルヒ/ニコレッテ・クレビッツ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トンネル

1961年ベルリン。一夜にして東西ドイツは分断され、家族や恋人達は引き裂かれた。国境沿いに立ちはだかるコンクリートの壁・・・。東ドイツ水泳のチャンピオン、ハリーたちは、愛する妹や、恋人達を救うべく、そして自由を手に入れるべく、壁の下にトンネルを掘る計画を立て

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。