be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドン・ジュアン

ドン・ジュアン ドン・ジュアン
ジャック・ヴェベール (2006/01/27)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る


ストーリー
ドン・ジュアン(ジャック・ヴェベール)は、修道院から連れ出してまで結婚した妻エルヴィール(エマニュエル・ベアール)を捨て、新たな愛を求めて、従者スガナレル(ミシェル・ブージュノー)と旅をしていた。船旅の途中、嵐に遭い漂流した島で美しい娘マチュリーヌ(ペネロペ・クルス)とシャルロット(アリアドナ・ヒル)に出逢う。ドン・ジュアンは、娘たちに甘い言葉を囁き、二人を翻弄したまま島を去ってしまう。そんなドン・ジュアンを追って騎士団がやってきた。彼らは妻エルヴィールの兄たちで、妹の敵を討つために追っていたのだった。行く先々で女性たちをたぶらかし、神を愚弄するドン・ジュアン。ある日、神の行いとしか思えない奇跡を目の当たりにし、父ドン・ルイ(ミシェル・ロンダール)の元を訪れ、これまでの行いを改心すると誓うのだったが…。

実は原作も読んだことはないし、他の作品も観たことはありません。
世間で言うところのあのドンファン。よくは知らないけど女ったらしの女の敵みたいな・・・。
私の知ってるドンファンはジョニー・デップのドンファン。
なので、こちらのドン・ジュアンを演じている(自ら監督・脚本の)ジャック・ウェベールって言う人が何故この男がモテるの??という風貌なので(私の主観ですがw)、絹のシャツを着ているからモテているただの放蕩息子にしか見えない。
しかも息子って言うほど若くはないし(笑)
ジャック・ウェベールをご存じない方のために・・・。有名な人に例えて言うなら風貌的にはジェラール・ドパルデューを想像してもらえれば・・・(笑)

エマニュエル・ベアールにペネロペ・クルスの出演ということで楽しみにしていたのですが、ベアールらしさはあまり感じることは出来なかったし、私的にはあのベアールを振って放蕩三昧って言うのに最初から違和感を感じてしまったような・・(^^ゞ
ペネロペの方がまだ生き生きと演じていたように感じたけど、これだけのキャストがもったいない(笑)

久々にドニ・ラヴァンを観ることが出来て嬉しかったですw

監督: ジャック・ヴェベール
出演: ジャック・ヴェベール, エマニュエル・ベアール, ペネロペ・クルス

Comment

はじめまして~ 

ホントにあんなドン・ファンいやですよね・・・
お腹出てるし・・・

  • posted by めまい 
  • URL 
  • 2006.08/20 11:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

ホント^^; 

めまいさん、ヽ(^O^)ノ いらしゃいませーo(_ _)o ぺこっ♪
ドン・ファンって言うからもっと素敵な容貌を期待しますよねぇ。
私もビックリしました(笑)
  • posted by ゆーこ。 
  • URL 
  • 2006.08/20 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。