be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリ

アメリ【期間限定スペシャル版】 アメリ【期間限定スペシャル版】
オドレイ・トトゥ (2004/12/03)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る


ストーリー
小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ。22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた。そんなアメリは、あることをきっかけに他の人を幸せにすることに喜びを見出す。
他人の人生にこっそりおジャマしてはたのしい悪戯を仕掛け、人知れずお節介を焼いて回るのだった。そんなアメリも自分の幸せにはぜんぜん無頓着。ある日、不思議な青年ニノに出会ったアメリはたちまち恋に落ちてしまうのだったが、アメリは自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ない……

家庭環境のせいで友達もなく、空想癖を持った少女がそのまま大人になり、現実と対比することが苦手なアメリが恋愛を成就させるまでのファンタジックな話です。
単館系で公開されていたところ評判が評判を呼び、大ヒット作になった映画でみんな見ているのに私だけが観てない!と言う気持ちにずっとさせられていました(笑)
私にとってのジュネ監督は、どうしても『デリカテッセン』なんですよね。
キャロと組まずに単独だとこういう作風になってしまうのでしょうか? 随分イメージが変わってしまいました。
最初の少年時代の宝箱を届けてあげるくだりはほのぼのしているのですが、その後は、他人の家に入り込んで悪戯したり、その気のない2人を結び付けたりと、アメリの空想の延長という感じを受けてしまいました。
とはいえ、その悪戯には時々プッと噴出してしまうような他愛のないものが多く、そうしたくなる心情は理解出来ます。あのお父さん、ヤな奴でしたもんね(笑)
みんなが他人の家を覗きあっているようで、その辺は少し怖かったですが…^^;

雲が動物の形だったり、絵や写真がしゃべったり、アメリの心情を表すかのようにアメリが水になってしまうシーンなど、映像的にはとても面白かったです。

監督・脚本:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ/マチュー・カソヴィッツ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。