be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノー・マンズ・ランド

ノー・マンズ・ランド ノー・マンズ・ランド
ブランコ・ジュリッチ (2002/12/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
1993年6月。ボスニア紛争の最前線。霧で道に迷ったボスニア軍の兵士たち。いつの間にか敵陣に入り込み、気づいたときにはセルビア軍の攻撃が始まっていた。唯一の生存者チキは、なんとか塹壕にたどり着き身を隠す。そこは、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”。偵察に来たセルビア新兵ニノと老兵士はボスニア兵の死体の下に地雷を仕掛けて引き上げようとする。その瞬間、隠れていたチキが二人を撃ち、老兵士は死に、ニノは怪我を負う。チキとニノの睨み合いが続く中、死んだと思われていたボスニア兵が意識を取り戻す。しかし、少しでも体を動かせばさっき仕掛けた地雷が……
チキはまさに身動きできない仲間を気遣いつつも敵兵ニノに眼を光らせるのだったが……

これも公開当時、観なくっちゃ~と思いながらビデオ待ちになっていた作品です。
ボスニア紛争真っ直中、“ノー・マンズ・ランド”と呼ばれるボスニアとセルビアの中間地帯に取り残された、敵対する二人の兵士を中心に、それを取り巻く両陣営、国連軍、マスコミを絡めて描いていくのですが、コメディーというにはあまりに辛辣。
最初でこそ、裸で白旗を振る姿に笑っていましたが、それぞれの立場や駆け引きなど、本当に痛烈でブラックユーモアなどという言葉を使ってはいけないと感じるほど。
2001年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞したというこの映画は、ほんの1日の話。本当に濃厚な1日なのです。
ラストシーンは泣くとかそういうものではなく、ただ唖然・・・。
この反戦映画は絶対に観ておかなければいけない作品だと思います。

監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:ブランコ・ジュリッチ/レネ・ビトラヤツ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。