be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー、見知らぬ友人

ハリー、見知らぬ友人

ハリー、見知らぬ友人 / ソフィー・ギルマン、ジル・マルション 他

ストーリー
ある夏の日。妻子とともにヴァカンス先へ向けて高速道路を走っていたミシェルは、立ち寄ったインターチェンジのトイレで偶然高校時代の同級生ハリーと出会った。色っぽいガールフレンドと気ままな旅を楽しんでいるという彼は、せっかくだから再会を祝し、皆で一緒の時間を過ごそうと提案する。それは、ハリーの危険な“親切”の始まりだった……

このドミニク・モルという監督は、ヒッチコックが好きなんだそうです。納得!
とっても皮肉の聞いたラストシーンは、私は実際笑ってしまいました(笑)
日本人にフランス語を教えているミシェルは、妻と3人の娘を連れて山奥の別荘にバカンスを過ごすために出掛けます。その移動の車はエアコンがなく、子供3人も妻もイライラしてヒステリー状態。ミシェル自体も相当イライラしていて、車の中は既に険悪な状態。
休憩に立ち寄ったサービスエリアのトイレで、高校時代の友人だというハリーに声をかけられます。
ハリーはミシェルが忘れているようなことまで覚えているのですが、ミシェルはハリーのことを全く覚えていませんでした。
親の遺産を受け継ぎ、彼女とスイスへ行く途中だと言うハリーはせっかく会えたのだから迷惑でなければ・・・と言い、彼らの別荘に押しかけて行きます。この時点で私なら断るな(爆)
その夜、ミシェルと妻、ハリーと彼女の4人で食事をしながら、ミシェルが昔、詩や小説を書いていたこと、その詩を空で暗記していることなどからミシェルも妻も驚きます。妻はミシェルがそういうことをしていたことすら知らなかったのです。
ハリーはミシェルには才能がある。もっと書かなければいけないと強く勧めるんですけど、何故ハリーはそこまで執拗に勧めるのかという疑問もないではなかったのですが、私は、することのない金持ちの親切の押し付けと解釈しました(笑)
ハリーはミシェルが書くことに邪魔になるものを「親切に」排除していってくれるのです。
例えば、みんながイライラしていた車がついに故障してしまったことをきっかけに、ハリーはミシェルに四駆の新車をプレゼントします。ミシェルたちは断るのですが、ハリーにとっては大したことではないと言って無理矢理に近い状態なんです。
その後はどんどん恐ろしい展開になっていくのですが、ホラーやオカルトといった恐さではなく、人間の恐さといった感じです。
このハリー。親の遺産を受け継いだと言うことですけど、ひょっとしてその親って殺しちゃった?(笑)
子供や妻やミシェルの両親など、見ていてこっちもイライラするようなキャラクターなんですが、あのラストシーンは見て欲しいなぁ。
結局、ハリーのしたことは親切だったのかも?(* ̄m ̄)プッ

監督・脚本:ドミニク・モル
出演:セルジ・ロペス/ローラン・リュカ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。