be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレックス

アレックス アレックス
モニカ・ベルッチ (2004/11/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
ある男を探してゲイクラブへ押し入る2人組。ゲイの連中に取り囲まれた彼らはひとりの男に凄惨な暴力を加える。発端はあるパーティの夜。マルキュスはちょっとした諍いから婚約者アレックスを一人で帰してしまう。その直後、アレックスはレイプに遭い、激しい暴行を受けてしまうのだった。自責の念に駆られるマルキュス。彼は友人でアレックスの元恋人のピエールとともに犯人探しを開始する。やがて、女装ゲイ、ヌネスを探し出した2人は、ヌネスからついにテニアという男の名を聞き出すのだった…

今年の初映画がこれでした(^_^;)
昨年のカンヌ映画祭で物議を醸し出したという超問題作だという情報と、モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル主演という情報位は耳に入っているとは思います。
話としては婚約者をレイプ・暴行された男の復讐劇で、1日の出来事を時間を遡る形になっています。
『メメント』のような混乱は起こらないと思うのでそこは大丈夫だとは思います。
暴力やそのレイプの映像が相当長い時間、描かれます。さすがの私も何度か目をそらしてしまったほど・・・(^_^;)
で、この映画は冒頭から相当変わってますので、観る方はまぁ体験してきて下さいm(__)m

*****  ネ タ バ レ  *****

最初、エンドロールが下がってくるところから映画は始まります。普通なら最後にエンドロールが「上がって」行きますよね? その後、そのエンドロールが歪みキャスト等のテロップも文字がひっくり返っていたり・・・と、何をやらかしてくれるんだ?とワクワクした中で、暗い街並みが映り、ジェットコースターのような不思議な映像が続きます。その後、裸の男性の『時はすべてを破壊する』という言葉、窓の外の喧騒、警察がやってきて怪我人を運び出すシーンへと映ります。そこまでのシーンは丸でワンカットのような不思議な画像です。
そこは相当マニアックなゲイの店レクタム(直腸)、そこから運び出される怪我人がレイプされたアレックスの彼氏マルキュス、警官に連行されているのはその友人ピエール。ピエールはアレックスの元彼氏でもあるのです。
そこから時間軸が遡り、マルキュスとピエールがレクタムという店を見つけ、テニアという男を探しています。その店ではゲイの男性達が過激な・・・(以下自粛・笑)。
そして、マルキュスが一人の男に飛びかかって回りから押さえ付けられ、腕を骨折させられ、回りのゲイ達に教われそうになるところで一緒に来ていた友人のピエールが消火器で襲いかかります。この辺までの映像は相当暗く、船酔いにも似た映像が繰り返し起こり、正視に耐えないというよりはゆっくり観れないという状態(笑)
いや、笑っている状況ではなく、その消火器での暴行シーンが私の1度目の目を背けたシーンなのです。
そしてまた時間軸が遡り、その探しているテニアという男に行きつく経緯、そしてまた遡り・・・と繰り返して行くのです。
レイプのシーンは相当長く、モニカ・ベルッチ目当てでそういうシーンをもし楽しみにこの映画を観ようとしている男性諸氏は驚く事になるでしょう・・・
ネタバレなので反転にするのですけど、それでもこの辺は隠しておきたいですねぇ。。。(^^ゞポリポリ
ラストには本来の映画の始まりの映画タイトルとなるのですけど、明るい幸せそうなカップルの様子にと変わっていくのです。それがホンの今朝のこと。。。
復讐をするために血眼になっているマルキュスを制止しようとしているピエールと、実際の犯行。殺された男とレイプ犯とは? レイプ犯の動機など、( ̄へ ̄|||) ウーム と唸って下さい。
朝の幸せそうなカップルの会話の中にいくつも出てくるいわゆる虫の知らせ等、なんともやりきれない気もします。
みんな観てね~と言うタイプの映画ではありません。
嫌いな方は絶対に観ない方がいいでしょう。私もあんまり後味は良くはなかったです(笑)
モニカ・ベルッチに一言(笑) 
あんな服を着て人通りの少ない地下道を一人で歩いてはいけません。どうぞ襲って下さいと言ってるようなものです。

監督・脚本:ギャスパー・ノエ
出演:モニカ・ベルッチ/ヴァンサン・カッセル他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。