be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不滅の恋 ベートーヴェン

不滅の恋 ベートーヴェン デラックス版 不滅の恋 ベートーヴェン デラックス版
ゲイリー・オールドマン (2003/09/26)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
1827年、ウィーン。ベートーヴェンの死後間もなく、1通の遺書が発見される。
そこには彼のすべての楽譜と財産を“不滅の恋人”に捧げると記されていた。
ベートーヴェンの長年の弟子であり親友であったアントン・シンドラーは、莫大な財産をあてにする親族を説き伏せその恋人探しに乗り出したのが・・・

この映画のよさは、やっぱり音楽でしょうね。 
少々ネタばれっぽいですが、少年時代のベートーヴェンが父親の虐待(?)から逃れるため窓から脱走し、夜道を全力で逃げて行き星の中に浮かぶというシーンの『歓喜の歌』
ラスト近くの有名な『第9交響曲』の演奏シーンは、ほ~っとため息♪ 

音楽家としては致命的とも言える耳が聞こえないというハンディ・キャップの中、作曲し続けていくにはやはりエキセントリックにならざるを得ないのでしょうか? 
ただ、映画のテーマが恋愛なので、そのエキセントリックさは、音楽と離れたところで発揮されているのがちょっと残念(苦笑) 

一応ミステリーということですが、ラストシーンを迎えることなく『不滅の恋』の相手には気が付いてしまいますが(笑)それがどうのこうのと言う事はないほど、なかなかよい出来映えにしあがっていると思います。

そうそう、最初にベートーヴェンが死んで回想シーンとして進行していくんですが(こんな展開、どこかで観たな、たしか・爆)そのお葬式のシーンの人間の数に最初に驚きました(爆)

監督:バーナード・ローズ
出演:ゲイリー・オールドマン/ジェローン・クラッベ/イザベラ・ロッセリーニ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。