be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーグラウンド

アンダーグラウンド アンダーグラウンド
ミキ・マノイロヴィチ (2001/07/21)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ストーリー
1941年から始まった旧ユーゴスラヴィアの戦いと動乱の歴史を、マルコとクロという二人の男を通して描いた作品。41年、ユーゴ王国はナチス・ドイツに侵略された。クロを誘ってパルチザンに参加したマルコは、自分の祖父の地下室に弟やクロの妻などをかくまう。やがて重傷を負ったクロも地下室に運び込まれて……。95年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

映画の筋としてはどう解釈していいのか未だに解りません。
旧ユーゴスラヴィアの動乱の時代背景などをよく知らない私には映画の筋自体をどうこう言えない気もします。
クストリッツァ監督自身がユーゴの出身とか?
う~~ん。もう一度、見てから感想をまとめた方がようさそうな気がします・・・(^^ゞポリポリ
映画は3部構成になっていて、私としては前半のドタバタコメディー風に皮肉ってしまったと思える、戦争が起ころうが、何が起ころうが庶民は変わらず生活を(痴態を?)していると言う皮肉の当たりに面白さを感じていました。
2部から3部にかけては身分とか階級とか、そのユーゴの辿った時代背景などが重苦しい感じにのしかかって来たような印象を受けてしまったのです。

ただ、展開や映像などは本当に気に入ったんです。
アンダーグラウンドに何十年も住んでいる人達が時々現代に紛れこむ瞬間。
ラストシーンの時代背景の交錯。私のツボを刺激するエッセンスはふんだんにあったんですよね~。
うん。時間を置いてもう一度観てみることにします。

監督:エミール・クストリッツァ
出演:ミキ・マノイロヴィッチ/ミリャナ・ヤコヴィッチ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。