be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のスウィング

僕のスウィング 僕のスウィング
チャボロ・シュミット (2003/09/26)
日活

この商品の詳細を見る


ストーリー
10歳の少年マックスは夏休みの間、フランスの北部ストラスブールの裕福な地区に住む祖母の家に預けられた。ある日、街の酒場でジプシー・ギターの名手ミラルドが奏でる音色を耳にし心を奪われる。どうしても同じギターを手に入れたくなったマックスは、彼らマヌーシュの居留する地区へ行き、黒い大きな瞳の少女スウィングと出会う。ギターのレッスンとスウィングとのほのかな初恋と、少年の眼から見たロマ族の状況をスウィング・ジャズの調べに乗せて描く。

マヌーシュ・スウィング(スウィング・ジャズ)が全編に流れ、観ているこちらも自然と身体がスウィングしてしまう、気が付いたら勝手に足がリズムを刻んでいる、と言った作品です。
『ショコラ』でジョニー演ずるルイが弾くマイナー・スウィングを想像して下さい。
監督のトニー・ガトリフは、ロマ族(ジプシー)後を引くそうですが、とても暖かい視線で、だけどしっかりとメッセージを含んでいるところに監督の拘りを感じました。

マックスは酒場で聞いたミラルドのマヌーシュ・スウィングにすっかり魅了され、自分もギターが弾けるようになりたいと思い、ミラルドの住むマヌーシュへ出かけたときに、ジプシーの少女スウィングと出逢うのです。
ギターを手に入れ、ミラルドからギターを教えてもらえることになったマックスは有頂天。毎日足繁くギターを習いに行くようになるのです。
練習の後、スウィングが連れて行ってくれえる場所は少し危険で、好奇心を煽るのです。

やがて、あれだけ心頭していたスウィング・ジャズより、スウィングと逢う事の方が楽しみとなっていくのです。
ジプシーの少女ウスィングは、性別を意識しないような活発な女の子。マックスは今までの生活の中では得られなかった数々の出来事をキラキラした瞳で吸収していくのです。
スウィング役のルー・レッシュはフランス人だそうですが、本当にロマ族の少女かと思ったくらい違和感がなかったです。
子供同士の訳もなく顔を見合わせてクスッ!って笑ってしまう、何もかもが本当に楽しくて仕方がない~という雰囲気にとっても癒されてしまいます。
とはいえ、ひと夏の出来事。夏にも終わりはやってくるのです。
スウィングやミラルド達の底抜けに明るい真夏の太陽のような雰囲気の中にある、過去の暗い影やジプシーと言う民族性など、押し付けがましくなく描かれています。

ミラルド役のチャヴォロ・シュミットはジャンゴ・ラインハルトの後継者と言われるマヌーシュ・スウィングの第1人者です。このギターを聴くだけでも大満足! しかもキャンピング・カーの中での20人にも及ぶ演奏も素晴らしいです。

監督・脚本:トニー・ガトリフ
出演:オスカー・コップ/ルー・レッシュ/チャヴォロ・シュミット他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。