be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぼろし

まぼろし<初回限定パッケージ仕様> まぼろし<初回限定パッケージ仕様>
シャーロット・ランプリング (2003/03/28)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
マリーとジャンは結婚して25年になる50代の夫婦。子どもはいないが幸せな生活を送っている。毎年夏になるとフランス南西部・ランド地方の別荘で過ごしていた。今年も同じようにバカンスを楽しみに来た。昼間、マリーが浜辺でうたた寝をしている間、ジャンは海に泳ぎに行く。目を覚ましたマリーはジャンがまだ海から戻っていないことに気づく。気を揉みながらも平静を装うマリー。しかし、不安は現実のものとなってしまう。ヘリコプターまで出動した大がかりな捜索にもかかわらずジャンの行方は不明のまま。数日後、マリーはひとりパリへと戻るのだったが…

子供はいないものの、長年連れ添ってきた夫婦。冒頭、毎年恒例の長期のバカンスを過ごすためにランドの別荘に向っている様子で、車の中でもPAでも、これと言った会話を交わさずにもお互いの事を理解しているのが解ります。
そしていつものように人の少ない浜辺に出て、のんびりと過ごしていた時にジャンは泳ぎにかないか?と誘うのですが、マリーは後にするといい、本を読んで、そのままうたた寝してしまうのです。
気が付いた時には横に夫はいない。まだ海にいるのかと思い、そのまま読書をするのですが、しばらくたっておかしいと気付きます。
捜索を頼んだのですが、ジャンは見つからないのです。
事故か? 失踪か? 自殺か?? とにかく夫はいなくなってしまうのです。
いつもいるはずの人がいない・・・。そのとき人はどうするのでしょう?

***** ネ タ バ レ *****

マリーはそれを認めないという方法をとりました。そこにジャンのまぼろしが現れるのです。
実際、見ている時に戸惑ってしまうほど、いつものようにそこにいるのです。
マリーの友人たちは、そのマリーの様子に精神科医のところへ行くように勧めたりするのですが、マリーはまぼろしだとも思っていないのです。
やがてジャンだと思われる死体が上がったと連絡があっても認めていないマリーはその電話すら無視してしまうのです。その電話に応対するということはジャンの死を認めることになってしまうから・・・

マリーの静かな狂気をシャーロット・ランブリングが熱演しています。表情や仕草など、言葉でない部分でひしひしと心情が伝わってくるのです。
ラストの浜辺のシーンは本当に印象的でした。やっと次のステップに進み出したのだと思います。

ラストにマリーは、まぼろしに向かって走っていくのですが、そのまぼろしは私はジャンではないと思いました。そうだとすると、次の相手が見つからないと、立ち直れないのかな?と、少し淋しい思いがしないではなかったのです・・・

監督:フランソワ・オゾン
出演:シャーロット・ランプリング/ブリュノ・クレメール他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。