be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスティック・リバー

ミスティック・リバー ミスティック・リバー
ショーン・ペン (2006/02/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


ストーリー
幼馴染のジミー、ショーン、デイブの3人は、いつものように路上で遊んでいた時に、警官を偽った男に連れ去られる。数日後無事に保護されたデイブと、ジミー、ショーンはやがて逢う事も無くなって行った。25年後、ジミーの19歳の娘が死体で発見され、殺人課の刑事となったショーンが担当することになり、捜査線上にデイブが浮かび上がってくる。

噂の3人の演技を観たくてやっと観て来ました。
ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコンは勿論、脇を固めるローレンス・フィッシュバーンやマーシャ・ゲイ・ハーデン、エミー・ロッサム等、役者陣が本当に素晴らしかったです。
ひとつの事件によりトラウマを受けた3人の少年達が、25年後に愛娘を殺された父、その事件の担当刑事、そして容疑者として出逢うというもので、犯人は誰だ!というミステリーの要素に引き込まれながらの深い人間ドラマとなっています。
3人はダウンタウンに近いイーストバッキンガムで決して裕福ではない少年達。彼らの遊び場は家の近くの道路上だったのです。
塗りたてのコンクリートに名前を刻んで悪戯していたときに、手錠を腰にぶら下げた男性から悪戯を叱責され、親に報告に行くから車に乗るように言われ、デイブだけが乗るのです。
相手は警官2人に見え、ジミーとショーンはなすすべもなく佇むしかなかったのです。
デーブは4日間2人の男に弄ばれ、自力で脱出したところを保護されるのですが、その事件を境に彼らは逢う事がなくなっていったのでした。
25年後、皮肉な出逢いにより3人は再会するのですが、それぞれがこの事件をトラウマに育ってきたのでした。
ジミーは犯罪を犯し服役中に看取ることなく妻を亡くし、出所後は残された愛娘のために更生し、雑貨店を経営、再婚をして平和に暮らしていた。
ショーンは出奔した妻から無言電話がかかる以外は、刑事として様々な犯罪を見続ける毎日。
デイブは今も深いトラウマの中にいながら、それでも妻と息子とのつつましい平穏な毎日を送っていたのです。
その後は、ネタバレをしてもうまく伝わらないだろうし、これから後は俳優達の素晴らしい演技で堪能して貰いたいです。
観終わってすぐ、テロップを見ながら感じたのは納得出来ない思いだったのです。
犯人逮捕の後、あの道路でのジミーとショーンの会話。私はあそこで映画が終わるのだと思ったのですが、その後のパレードの時のそれぞれの表情にそんな思いを感じてしまったのです。
帰り道で段々と整理が付いてきたのですが、それぞれの役者が見せてくれた個々のキャラクターが全てを物語っているのだと思います。
あの時の悪戯書きをしたコンクリートに、デイブの名前はあの時のまま書きかけで残っているのが印象的でした。

監督:クリント・イーストウッド 
出演:ショーン・ペン/ティム・ロビンス/ケヴィン・ベーコン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。