be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー
クリント・イーストウッド (2005/10/28)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
ロスのダウンタウンにある小さなボクシングジムを営む老トレーナー、フランキー。23年来の唯一の親友スクラップのカットマン(傷を瞬時に治療する人)をしていた時の苦い経験から、指導力には絶大なる信頼を集めるものの、成長するとフランキーの元を離れていくのだった。
ある日、31歳にあるマギーという女性が弟子入りを志願してくる。「女は取らない」と無下に断るフランキーだったが、トレーラーの貧乏暮らしをしていたマギーは、唯一誇れるボクサーとしての道を貫くため、ジムに通い続ける。住み込みで雑用等を引き受けているスクラップが彼女に目をかけ、やがてフランキーもトレーナーを引き受けることになるのですが・・・。

アカデミー賞の作品賞、主演女優賞、助演男優賞、監督賞の4部門を受賞。
ボクサーを目指す不遇の女性が、老トレーナーの力を借りて成功するサクセスストーリーかと思っていました(笑)

後半の30分に秘密があるらしい・・・とは気がついていましたけど、まさかこんな展開だとは思っていませんでした(^^ゞ
その後半30分の頃から隣に座った女性は涙腺がおかしくなったようで、ずーっと泣きっぱなしの状態だったのですが、私は最後のシーン以外は、泣くというよりは怒りに震えてたって感じになっていました。

噂通り、ヒラリー・スワンクが素晴らしかったです。

鍛え上げた肉体や、数々のファイティングシーンも吹き替えなしに本人が演っていたそうですが、どんどんと上達していく様子はボクシングの事を殆ど知らない私も目を見張るほどです。
それと印象的だったのが、そのファイティングシーンのきらびやかな光と、対比する闇のシーン。
ジムで小さな明かりの中でマギーが練習しているシーンに闇の中からフランキーが現れるシーンなどは、モノクロの映画を見ているようで、その対比が素晴らしかったです。
私が怒りを覚えたシーンというのは一杯あるのですが、まず毎日欠かさず行く教会の牧師の陳腐な説教。

***** ネ タ バ レ *****

尊厳死を希望するマギーに対して苦悩するフランキーに神だけが云々。。。結局何もせず放置しなさい。時が解決しますとでも言っている様で怒り奮闘w
ファイトマネーを注ぎ込んで、トレーラー生活している母親に家を買ってやれば、生活保護や健康保険が切られるから家なんかじゃなく金が欲しかったと言う母親。
まぁ母親からすれば、それまでは殆ど音沙汰がなかったであろうマギーからいきなり家を買ったとプレゼントされても、それよりももっと必要なものもあっただろうから、意思の疎通が全然出来ていなかったことが原因の悲しいエピソードと言えるかもしれません。

それよりも娘が全身不随になったというのに暢気にディズニーランドで遊んで、挙句には家の権利の名義書換をするためにと、口にボールペンを突き刺すあの家族!
先日観た『海を飛ぶ夢』も尊厳死を扱う作品でしたが、彼は暖かい家族の愛に守られ、その家族を愛するからこそ求めた尊厳死であったと思いますが、マギーにはそれも叶わないのですねぇ。

勿論勝つためには何でもするあの青い熊とか何とか言うドイツの選手!
こういう奴はK1に行きなさい!と言いたい(>_<)
助演男優賞のモーガン・フリーマンが物静かにナビゲートしているのですが、最後の最後に誰に語っていたのかを知る事が出来ます。
フランキーが週に一度書く娘への手紙。おそらくは懺悔の気持ちが書かれているのでしょうが、開封もされずに差出人に戻されてしまうのです。

マギーから尊厳死を依頼されて、家に戻ったらドアに差し戻された手紙を見たときにも、擬似家族を得たと娘のように思っているマギーの状態を苦悩しているのに実の娘はなんと言う仕打ち! と一瞬、このことにも怒りを覚えたのですが、捨てればすむはずの手紙をわざわざ差出人に戻すというのは、生きているという返事なのかも?
マギーは尊厳死を希望したけれど、悔いのない一生を送り、最後のあの涙は感謝の気持ちの表れだったのだろうと思います。
『海を飛ぶ夢』は尊厳死や、生や死を問う作品だったと思うし、そういうことを考えるきっかけになった作品だと思うのですが、この作品は悔いのない人生を送った女性の悲劇ではあるけれど尊厳死を云々する作品ではないように思います。

監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド/ヒラリー・スワンク/モーガン・フリーマン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。