be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の部屋

息子の部屋 息子の部屋
ナンニ・モレッティ (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
精神科医のジョバンニは、妻パオラ、娘のイレーネ、息子のアンドレアと幸せに暮らしていた。が、ある日、アンドレアが事故で死んでしまう。父ジョバンニは、事故の当日、息子とジョギングの約束をしていながら急患の往診に出てしまい、そのことで自分を責める。家族はいつまでも悲嘆に暮れ、いつしかお互いの関係さえも悪化させていく。そんなある日、息子宛に一通の手紙が届く。それは息子のガールフレンドからものだった。やがて、ガールフレンドと悲しみを分かち合ううち、家族の中にも少しずつ変化の兆しが見え始めていく……

2001年カンヌ映画祭グランプリ受賞作。
ある程度の内容は聞いて知ってはいたものの、これほど淡々と描かれているとは思いませんでした。

息子が死んでその死を乗り越える家族の話だと聞いていたのですが、その息子も含めてどれだけ仲のいい家族なのかが前半思った以上に描かれていたのには少し驚きました。

息子の死もその後の葬儀も淡々と日常を描き、その中で日々の暮しの中に息子がいないことがずしりとそれぞれこたえて来るのでしょう・・・
家族の一人を亡くすということは、家族にとっては思いがけず、そしてとっても大きな大変な事件となるのです。
ただそれは、ドラマチックなものではなく日常の大きな一部が欠けてしまうということなのかもしれません。
私も家族を亡くした経験があるのですが、淡々とやはり日常を過ごしていくんです。勿論お腹もすくし…。
その日常を過ごす中で、ある日突然堰を切ったように哀しみが溢れてきたりするもんだと思うのです。
その残された家族もまた淡々と日常を暮す中でその死を乗り越えるのではなく、受け入れていくものなのだろうと思います。

知らなかったガールフレンドがいてその娘から手紙が届き、家に訪ねてきたという1つの事件は彼女の連れのせいで、残された家族たちは時間が経ったのを感じたのでしょうか・・・
ハンカチ持参の感動ものというよりはじわじわと来るタイプの作品でした。

監督・原案:ナンニ・モレッティ
出演:ナンニ・モレッティ/ラウラ・モランテ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。