be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MON-ZEN[もんぜん]

MON-ZEN[もんぜん]

MON-ZEN[もんぜん] / ウーヴェ・オクセンクネヒト

ストーリー
中年のドイツ人兄弟。兄ウーヴェはキッチン・セールスマン。弟グスタフは小さい頃より兄へのコンプレックスに悩まされ続ける風水カウンセラー。ある日、ウーヴェは妻子に逃げられ、グスタフの家に転がり込んできた。グスタフはそんな兄をよそに、長年の夢である禅寺への旅の準備をしていた。いわゆるミドルエイジ・クライシスにはまってしまっていたウーヴェは、人生の意味を問うため、グスタフの旅行に強引に同行した。しかし日本へ到着したものの、“MON-ZEN”に行くはずの兄弟は東京で遊びすぎていきなり無一文となってしまう。

何の気なしに手に取ったビデオでしたが、大ヒットです。
ドイツのコメディーと言うのは初体験かも?
手持ちカメラを駆使したセミドキュメンタリータッチの作品ですが、くすくすした笑いが随所に起こる不思議な感覚の作品でした。

弟グスタフは風水カウンセラーで日本通。
1年前から計画していた禅寺への旅の準備中。
そこへ兄のウーベが転がり込んでくるのです。
ウーベは家事一切を妻に任せっきり。
最初見た時に私もムカつくほどの横暴な亭主なのです。
溜まりに溜まった妻は、子供4人(!)を連れてウーベが仕事へ行っている間に家を出てしまったのです。

そして、悩める中年兄弟は2人で東京までやってきたのです。
外国人から観た日本、東京という図式はこうなのかなぁ~とか、この映画を観た外国人は日本をどう思うのだろう?などとも感じたのですが、そう思いながらもくすくす笑える部分が随所にあるのです。
笑わせようとしているわけではなく、どちらかと言うと外国人から観たらそうだろうなぁ~と言うような笑いも含まれているのですけど。

前半の東京のシーンは渋谷・銀座あたりをゲリラ撮影したそうです。
東京は安全だからと、パスポートなどをホテルにおいて夜の街に繰り出した兄弟は、思いのほか高かったバーの支払いに驚きながらもホテルへ帰ろうとするのですが、目印にしていたネオンが消えてしまい、ホテルの名前も解らず、ホテルにあった名刺をタクシーの運転手に渡して乗せてもらったら、実はそれはタクシー会社の名刺だったのです。

結局文無しの兄弟はいきなり外人ホームレスとなってしまうのです(笑)
その後日本在住のドイツ人女性と知り合い、彼女の紹介でドイツパブでアルバイトをし、そのバイト料を手に目的地MON-ZENへ向かいます。

これは石川県にある曹洞宗の本山・総持寺の全面協力により、実際の修行をセミドキュメンタリーのように撮影されています。
総持寺側は一旦は撮影を断ったそうですが、監督が実際に熱心に修行をしたこと等により改めて撮影許可が下り、修行場やトイレの中までカメラが入り込んでいます。
その中でこのドイツ人兄弟たちは彼らなりの悟りを得ていくのです。
何かにつけてソツなくこなす兄に、弟は念願の禅修行を受けているのにどんどん落ち込んでいくのですが、説教の中でそれぞれに悟っていくのです。

これは本当に掘り出し物です。是非、観て下さい~~♪

監督・脚本:ドーリス・デリエ
出演:ウーベ・オクセンネヒト/グスタフ=ペーター・ヴェーラー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。