be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山猫

山猫 イタリア語・完全復元版 山猫 イタリア語・完全復元版
バート・ランカスター (2005/06/25)
紀伊國屋書店
この商品の詳細を見る


ストーリー
山猫を紋章に持つ貴族ファブリッツォ公爵家は、300年の長きに渡ってシシリーに勢力を誇っていた。だが、イタリア統一運動の波はシシリーにも押し寄せ、公爵の甥は義勇軍に身を投じる……

「山猫」と言うのはサリーナ公爵(バート・ランカスター)の紋章だったのですね(^^ゞ

革命の時代背景の中、シチリアからはガリバルディが率いる赤シャツ隊が上陸し、甥のタンクレディ(アラン・ドロン)は統一戦争に参加します。
理由はガリバルディに惹かれたから(笑)
とっぴな行動を取っては家族に心配をかけ、だけどみんなに好かれているような人っていますけど、タンクレディはまさにそういうタイプの人なのです。
革命そのものではなく、ガリバルディに惹かれたから参加し、その後は国側についたりしている様子からも彼のキャラクターが見えるようです。

そのタンクレディと公爵の娘コンチェッタとは今にも結婚すると思われていた公然の中。
父を亡くしたタンクレディの後継者でもある公爵は、野心的なタンクレディには娘のコンチェッタはあまりにも大人しすぎると考えていたのです。
ある日、公爵主催の晩餐会に現れたアンジェリカをタンクレディが見初め、サリーナ公爵も村長の娘である快活な娘アンジェリカの方が甥にはお似合いだと考えます。

映画の冒頭「現状を維持するには変貌するしかない。」という象徴的な言葉が発せられるのですが、その変貌をに行動を移すのがタンクレディ。サリーナ公爵とは対極の関係にあるように見えます。
タンクレディは公爵を尊敬しているし、公爵もタンクレディには絶大な信頼をしているのです。
自分には娘が3人いるのでその中の誰かと結婚すれば公爵家も安泰なのでしょう。。
タンクレディは「現状を維持するには変貌するしかない。」と言うことを行動をもって実現させようとしている。
サリーナ公爵はタンクレディに理解を示し、平民の(しかし、大地主の)娘との結婚を望むタンクレディの希望を叶えようとします。
公爵にとっては長年の公爵家の血筋の中に平民の血が入ってしまうと言うことは彼なりの相当な変革だったのだと思います。

ヴィスコンティの作品は少しずつ観て行っているのですが、今までに観ることの出来た作品の多くはヴィスコンティの後期の作品で、ヘルムートの描き出す、妖しい人物像に酔いしれる作品が多かったのですが、この『山猫』はそれらの作品の基礎となったと思える作品です。
長い映画ですが、後半の豪華絢爛な夜会の様子を観るだけでも価値のある作品です。
装飾品やドレス、宝石や目に入るすべての美に魂まで抜け取られそうな作品となっています。

アラン・ドロンは、爽やかな人をひきつける雰囲気がよく出ていました。
パーティーの時に、貴族の娘たちが猿のように戯れている様子を見ていたサリーナ公爵の、親戚同士の婚姻は良くない。そのうち尻尾が生えてくるに違いない、という言葉は自分自身へ投げ掛けた言葉だったのでしょう。

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:バート・ランカスター/アラン・ドロン/クラウディア・カルディナーレ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。