be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔らかい肌

柔らかい肌 柔らかい肌
ラウル・クタール、サビーヌ・オードパン 他 (2000/03/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ストーリー
幸せな家庭を持つ著名な文芸評論家ラシュネー(ドザイー)は、移動中の飛行機のスチュワーデス、ニコル(ドルレアック)に好意を抱き、その後再会したことにより急速に親しくなり男女の仲となる。やがて妻の知るところとなり別居。修復は不可能と思ったラシュネーはニコルとすむための新居を探し出すのですが・・・

話としてはよくある不倫モノ。
幸せな家庭があり愛する可愛い娘もいる。
ある日、若くて綺麗な女性と知り合いどんどん深みにはまっていく。
彼女に逢いたいためにつく数々の嘘。
大人の分別と弁解するのですが、実は自己中心な男性の身勝手なのです。

台詞も多くはなく淡々としているのですが、ラシュネーの様子に、彼の心情が手に取るように伝わります。
出逢いの頃のラシュネーは、思春期の少年が初めてのデートに嬉しい反面戸惑っているよう。
ニコルの気持ちを知って絶好調の時には、他のどんなことも視界に入らず邪魔なだけ。
ワクワクした様子も、イライラしている感じも、視覚から伝わってくるので画面から目が離せません。

ニコルとの時間を取りたいラシュネーは、地方公演を引き受けるのですが、著名人が来たと言うことで大歓迎。
友人も一時も彼の元から離れないため、ニコルの元にも行けないのです。
ニコルは彼との初めての旅行なのに、そばにはいてくれず、食事も別々。
講演会のチケットさえも取って貰えず、挙句には外で待っていたニコルの元に友人と出てきたラシュネーは、ニコルを紹介するどころか他人のように通り過ぎていくのです。

ニコル役のドルレアックはドヌーブの実姉。
本当に綺麗な人で、その後ベッドで泣いている姿のまた美しいこと。
妻は、子供を預けて夫と田舎へ遊びに行こうと提案するのですが、彼女のことで頭が一杯のラシュネーは気もそぞろ。
やがてその浮気は妻の知るところとなり別居。
不和は決定的となり、ラシュネーはニコルとの新生活を夢見て新居を物色し始めるのです。
妻の立場で見れば、仕事ばかりで自分の話を聞いてくれない夫に不満が鬱積していたところに浮気を知り、我慢の限界。
彼女の立場から見れば、男は仕事が一番かもしれないけれど、それは仕事を口実にした世間体を気にした身勝手。
本当に男って、わがままで身勝手。

何もかも思い通りにいくと思ったらとんでもないしっぺ返しを食うことになりますよ~って感じのラストは衝撃的。

彼女に去られた後、友人の助言により妻との和解もそう難しいことではないと感じていたと思われますが、電話で伝言を残した後、特に気にする様子もなくお茶を飲み、新聞を読む。
彼にとっては普通の行動かもしれないけど、この人は一生変わらないだろうなぁ~と感じました。
そう考えると、妻の取ったラストの行動は理解出来ないわけでもないかな?(^^ゞ
愛や嫉妬ではなく、決着をつけたと言うことでw

監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャン・ドザイー/フランソワーズ・ドルレアック他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。