be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ・フレッシュ

ライブ・フレッシュ ライブ・フレッシュ
ハヴィエル・バルデム、エステル・ガルシア 他 (2004/04/24)
紀伊國屋書店
この商品の詳細を見る


ストーリー
1970年、フランコ独裁政権下のスペイン。ひとりの男児がバスの中で生まれビクトルと名付けられた。20年後、ビクトルはイタリア領事の娘エレーナに恋をする。だが、マリファナ中毒の彼女は銃でビクトルを追い返そうとした際に駆け付けた刑事に銃弾が当たり、半身不随となってしまう。その罪で4年の刑に服したビクトルはエレーナに対して奇想天外な復讐を実行する。

アルモドバル監督に最近はまっていて、そのときにこの作品がいいとお薦めされていてやっと巡り合うことが出来ました。

冒頭いきなり娼婦イザベル(ペネロペ)が車庫へ入るバスに無理やり乗り込み病院へ向かう途中、そのバスの中で男の子を出産します。
ビクトルと名づけられ、フランコ独裁政権下のマドリードに久々の明るい話題だと市民が喜び、市長が産着をプレゼントする、交通局からはバスが一生無料の特別パスを貰う、ニュースのアナウンサーは「これで彼の人生は軌道に乗ったようなもの」と。

冒頭の短いシーンですが、ここで数々のアルモドバルらしい笑いをふんだんに楽しみ、舞台は20年後。
ビクトルはイタリア領事の娘でマリファナ中毒のエレナに思いを寄せているのです。エレナはビクトルを相手にせず銃で脅して追い出そうとするのですが、揉み合いの際、駆け付けた刑事ダビドとサンチョのうちダビドに当たってしまい、ダビドは半身不随となってしまいます。そしてビクトルは逮捕され4年の刑になるのですが、これも序章。その4年後、ビクトルが出所してからこの4人にサンチョの妻クララを含めた2人の女性と3人の男性の話です。
出所後ビクトルはエレナとこの事件がきっかけで結婚したエレナの夫でそのときの刑事ダビド夫婦に復讐しようとするのですがその方法が笑える。
最初の発砲事件をうまく最後まで絡めながらの愛憎劇なのですが、サスペンスの要素もありその後の展開も目が話せず最後まで楽しめる作品となっています。
5人全員が純粋に人を愛し、だからこそ傷付け合う。
濃い目のラブシーンも何故か笑えるのですが、5人全員の芸達者ぶりも必見です。

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:リベルト・ラバル/ハヴィエル・バルデム他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。