be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガスをやっつけろ

ラスベガスをやっつけろ ラスベガスをやっつけろ
ジョニー・デップ (2000/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ストーリー
H・S・トンプソンによる1970年代のカルト的な小説をもとにした、鬼才T・ギリアムの幻想奇談。砂漠で行なわれるバイク・レースを取材するため、記者デュークは相棒ゴンゾーとラスベカスへ。しかし、ホテルに着くなり彼らはドラッグと酒に溺れ、シュールな幻想世界を体験する……。

いろいろなところで聞くパラノイア・ジョニーを見たくって何軒目かのビデオ屋さんでやっと見つけました。(笑)
最初の真っ赤なオープンカーのシーンからジョニーが出ているとはしばらく気がつきませんでした。(爆)
ずっとジョニーの語り(それも結構早口)が入っているのですが、もちろんあの語りがなければ内容の把握は不可能でしょうねぇ。
で、そのパラノイア・ジョニーとパラノイア・デルトロですが、素直に大爆笑してしまいました。

ツボがガニマタ! 
それとジョン・マルコビッチのような頭(笑)、そして役作りも大変だ~と唸らされてしまったデルトロのおなか。。。
映像も最初のホテルの絨毯が生きてるようなところとか、バーの泥沼など、撮影も大変だったろうなぁ~なんて妙に冷静になったりして…
ラストの颯爽と走っていく車のシーンでローリング・ストーンズの「JUMPING JACK FLASH」を使ってますけど、ストーンズもドラッグが付いて回ってましたからね。
そのストーンズも60年代に相当派手にやっていたようですが(キースはドラッグを抜くためにスイスで全身の血を入れ替えたなんて噂があったほど)今やミックはジョギングを欠かさない健康なオジサンになってしまいました。

60年代のヒッピーだの、自由だの、平和だのというスローガンを掲げることの出来る時代がどんどん変わっていき中毒だけが残ってしまった元青年達があふれていた時代なのかもしれませんね。
まあ、そんなことはさておき(笑)とにかく色んなことを考えずにズボッとこの世界にはまれば存分に楽しめる作品だと思います。
サーカス(?)に入っていく2人の後姿には大笑いしてしまいました。

監督・脚本:テリー・ギリアム
出演:ジョニー・デップ/ベニチオ・デル・トロ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。