be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理は冷たくして

料理は冷たくして


ストーリー
3人の男の経験する出来事を通し、現代社会の孤独や人間性の喪失を描いたブラックコメディ。その表現スタイルの斬新さから、フランス映画界の革命的作品と言われる。

はっきり言って妙な映画です(笑)
冒頭、ジェラール・ドパルデュー演ずるアルフォンスが地下鉄で話しかけた男は、拘わりを避けて電車で逃げて行った筈なのですが、そのすぐ後に地下鉄構内で腹をナイフで刺されて瀕死の状態。
そのナイフは自分のものらしい。
その男にこのナイフはお前の指紋がベタベタついているから持って行けといわれ、はいそうですね、とばかりに家に持ちかえります。
帰って普通に妻の作った食事を食べていると妻が、人のいないそのマンションに住民が入ったと言う。
挨拶に行くとその人は警察官だと言う。
実は私は覚えていないが人を殺したのかもしれないと言うと「自分は非番なので煩わせないでくれ」と言い、聞く耳を持たない。
その後、妻が仕事から帰って来ないので心配していると通り魔に殺されてしまうのですが、その通り魔が家にやってきて、自分はあなたの妻を殺したと言っているのに「まあ、入りなさい」と言ってワインを勧めます。
警察官の住民がワインを持って部屋に来て、妻殺しの犯人と3人で飲んでいると、知らない男がやってきて警官がいると解っていて殺人を依頼して行きます。
・・・と、万事そのまま、殺人が殺人を呼び、次々と人が死んで行き、そこに警察官も同じように殺人に荷担して行きます。
最初は次から次へと起こる殺人にブラックな笑いを呼びますが後半、この話はどんな決着に持っていくのだろうと言う興味に変わって行きました。
一応の解決は見るのですが結局のところ、人間の孤独がテーマなのでしょうか・・・・
変な面白さのある映画でした(笑)

監督:ベルトラン・ブリエ
出演:ジェラール・ドパルデュー/ミシェル・セロー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。