be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルードウィヒ/神々の黄昏

ルードヴィヒ ― 神々の黄昏 完全復元版 ルードヴィヒ ― 神々の黄昏 完全復元版
ヘルムート・バーガー (1997/03/19)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


ストーリー
19歳の若さでバイエルン国王となったルートヴィヒ2世は、作曲家ワグナーに心酔し、巨大な国費を注ぎこんだ。彼が思いを寄せる従姉のオーストリア皇后エリザベートは、妹ソフィーとの婚約を勧め彼も同意するが、エリザベートへの思いが断ち難く婚約は破棄される。1886年、オーストリアとの戦いに敗れ、信頼していたワグナーにも裏切られたルートヴィヒは孤独のどん底へと突き落とされていく……

実に長く、見応えのある作品でした。
5部構成になっているのですが、5部のほぼ初めの頃から涙が止まりませんでした。。。

19歳の時にバイエルン国王になったルードウィヒ(ヘルムート・バーガー)の即位戴冠式の様子から始まります。盛大に行なわれた戴冠式ですが、繊細なルードウィヒは実はこのような晴れがましい場所や、社交辞令が苦手で、沢山の人に囲まれるよりは孤独を愛するタイプのようだったようです。
その反面、若くして国王になり、陰謀や策略などの中で、孤独を一番怖がっていたのもルードウィヒ自身だったのでしょう。
その後、オーストリア皇后となった従姉のエリザベート(ロミー・シュナイダー)と数年ぶりに再会するのですが、その知性やはっきりした主張などに魅せられ心酔してしまうのです。
彼は一生このエリザベートを愛していたとされているようですが、これは愛だったのかなぁとも思いました。
この心酔癖(?)は、彼の性格でもあったようで、当時評判のよくなかったリヒャルト・ワーグナーにも心酔し、新作を上演したりホールを建設したりと相当な国費を費やしてしまいます。
国王のそのような態度はやがて評判となり、エリザベートから、国王として地盤を固め、結婚をし、子供を作るようにと、そのエリザベートの妹ソフィーを紹介されるのです。
当時、プロイセン=オーストリア戦争でバイエルンはオーストリア側についていたのですが、プロイセンが勝利してしまいます。最後まで戦争に反対しており、戦場にも出なかったのですが、戦場に行っていた弟王オットーがやつれ、傷ついて戻ってくるのです。
デュルクハイム大佐(ヘルムート・グリーム)は、王に対してではなく友人として、与えられた現実を受け入れ、その中で生きて行く事等を忠言するのです。
最初から最後まで感じた事なのですが、こういう忠言をしてくれる人が全然いないというのが彼の悲劇でもあったのでしょう。。。
その後、その忠言もあり、エリザベートの薦めるソフィーと婚約するのですが、結局エリザベートを愛するがゆえに、またその性格ゆえに婚約は破棄してしまいます。
心酔していたワーグナーに裏切られ、大ドイツ統一、弟王オットーの精神錯乱と、ルードウィヒには次々と問題が発生し、どんどん引きこもり状態になっていく中で、段々国政に興味を示さなくなり、城を3つも作ったり、気に入った役者に大枚をはたいたりと、いわゆるお殿様、ご乱心~~の状態となってしまうのです。
それも世間の見方なのかもしれません。
私はこの当たりからこのルードウィヒが憐れで、イエスマンのような従僕をはべらせている中で、誰かいなかったの??という、気持ちがとても強くなっていったのでした。
高い所から飛び降りるよりは水死体は綺麗なままで死ねる・・・といっていた当たりからは、もうずっと涙が止まらなかったのです。。。

この映画は、ヘルムート・バーガーのための映画???と言えるほどの素晴らしい演技でした。
見る前はこのルードウィヒという人はエキセントリックな人なのかと思っていたのですが、押さえた中での狂気や視線はおみごと!
それと、ロミー・シュナイダーとシルヴァーナ・マンガーノの美しさ。。。
あのソフィーにあげると言っていた王冠、素晴らしい輝きでしたけど、勿論本物なのでしょうねぇ。
ヴィスコンティ作品ならではの豪華な装飾の数々と映像の美しさ。忘れてはいけないワーグナーの音楽。
本当に、映画を堪能したという感じの作品でした。
相当長い映画なので、観るぞ!と気合を入れないと観れないかもしれないですけど、是非一度は観てもらいたいなぁと心から思える作品でした。

監督・脚本:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ヘルムート・バーガー/ロミー・シュナイダー他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。