be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン レッド・ドラゴン
アンソニー・ホプキンス (2005/04/08)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


ストーリー
FBI捜査官ウィル・グレアムは、連続殺人の捜査のため、精神科医のハンニバル・レクター博士に助言を受けていたが偶然目にしたものから犯人はレクター博士であることを知り苦闘の末捕らえたが精神的疲労が募り現役を引退。今は家族とフロリダで静かに暮らしていた。そんな彼のもとをある日、元上司のジャック・クロフォードが訪れる。彼はウィルに、最近起きた二家族惨殺事件の捜査協力を願い出た。一度は断るウィルだったが、殺された家族の状況を知るうち捜査に加わるようになる。それでもなかなか犯人像を割り出せないウィルは、やむなく拘禁中のレクターのもとへ意見を聞きに出向くのだが…

原作を読んでいたのですけど、原作の贅肉を落としたような感じで想像以上によかったと思います。
原作では犯人の幼少期のトラウマに関する描写が詳しかったのですけど、レクター博士が主役である以上、これでいいのだと納得も出来ました。
特に犯人探しが目的ではなく、犯人はすぐに誰かということは解るし、サイコ・スリラーというには前の『ハンニバル』のような描写も少なかったです。
冒頭のグレアムがレクター博士を逮捕するエピソードの描写から今回への伏線へと展開し、現役を引退していたグレアムが事件へと復帰する心情など、理解しやすくなっていたと思います。
ダラハイドとリーバ・マクレーンの恋愛の話も絡めて、脚本的にもなかなかだったと思うのです。
特筆すべきは観た方にも聞いていたキャスティング!
レクター博士は他の人は考えられないのですけど、ダラハイド役のレイフ・ファインズ、盲目のリーバ・マクレーン役のエミリー・ワトソンは本当に素晴らしかったです。
エミリー・ワトソンは難しい役柄を時にはキュートに演じていて本当に芸達者な方だなぁと思いました。
ハーヴェイ・カイテルやフィリップ・シーモア・ホフマン、メアリー=ルイーズ・パーカー、それにアンソニー・ヒールドもそれぞれ個々のキャラクターにぴったりだと思いました。
私としては、原作のイメージもあってこのウィル・グレアムという人はもう少し年配のイメージがあって、エドワード・ノートンだけは線が細いような気がしないでもなかったです。
ラストのこの3部作を全部観ている人がニヤリとさせてくれるシーンでの締めくくりもよかったです。
もう少し盛り上がりがあってもよかったかな?
けど、私は結構満足して来ました♪

監督:ブレット・ラトナー
出演:アンソニー・ホプキンス/エドワード・ノートン/レイフ・ファインズ/エミリー・ワトソン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。