be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメント ロング・エンゲージメント
オドレイ・トトゥ (2006/08/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


ストーリー
第1次世界大戦下のフランス、ブルターニュ地方。戦場に向かった婚約者マネクの帰りを待ちわびてたいマチルドに、マネクの戦士の方が届く。彼を含めた5名が軍法会議で死刑を宣告され、武器もなしにドイツ軍との中間地点に置き去りにされたという。マネクの最後を見たものがいないことに気がついたマチルドは直感により、マネクの生存を信じ、消息を尋ねまわるのですが・・・。

ジュネ監督作は実は『デリカテッセン』が好きです(^^ゞ 
あの人のいいドミニク・ピノンが今回はトトゥを見守る優しい叔父さんを演じています。

噂には聞いていましたけど、現在の婚約者の身を案ずるマチルドの周りの愛に溢れた『アメリ』チックな世界と、『デリカテッセン』チックな終末感漂う悲惨な戦場との対比が物凄かったです。
この戦場シーンが本当にグロテスクで、リアル。
『アメリ』チックな世界に住むマチルドが聞いた証言を、正反対の戦場での人間の醜さや悪意溢れる悲惨な状況とが交互に描かれていきます。

同じ愛する人を待つ女性ながら、マチルドとマリオン・コティヤール演じるティナとの対比もまた見所なのかも?
とは言え、生後すぐに両親を亡くしたとはいえ、遺産を弁護士が管理し、人のいい叔父夫婦に愛されて育ったワガママ娘が遺産を使い、人を使って愛する人を探している・・・・って歪んだ私は感じてしまったのです(^^ゞ
ティナは自らを犠牲にして愛する夫を捜し求めるのでまるっきり正反対な存在のように感じてしまい、トトゥ苦手意識があるせいかどうも馴染めなかったです(^^ゞ
けど、これを演じているのがトトゥだったからこそ、その嫌な(?)部分が表に出ずに済んでいるのかもしれません。
ただ、このマチルドが幼少の頃の病気が原因で足が悪いのですが、足が悪くなければならない理由も解りませんでした(笑)
この作品も出演陣が超豪華。
ジュネらしい拘りの美術も見所です♪
で、本来の目的だったウリエル君ですが(笑)前の『かげろう』で気になった役者さんなのですけど、繊細な青年を好演しています。
益々次回作が楽しみです~~~♪

監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:オドレイ・トトゥ/ギャスパー・ウリエル他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。