be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO

GO GO
窪塚洋介 (2002/07/21)
東映

この商品の詳細を見る


ストーリー
杉原は高校3年生の韓国の国籍を持ついわゆる「在日」。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり、意を決して日本の普通高校へ入学した。喧嘩がきっかけで友達になった加藤のバースディパーティーで知り合った桜井と言う少女と突然恋に落ちて・・・

窪塚洋介が最近相当な人気があるのが解った気がしました。
独特の雰囲気を持っていて、この杉原という少年のキャラクターにぴったりとはまっているように感じました。

この映画は脇を固めている人達が本当に演技派の役者達で、両親の山崎勉・大竹しのぶはもちろん、山本太郎も萩原聖人の警官や、塩見三省の先生や大杉連など、脇がいいと映画が映えると本当に思える作品です。

杉原の親友正一(ジョンイル)や、桜井という少女との恋愛を通してどんどん成長していく様が見ていて清々しい思いがしました。
杉原の父の言葉にしない息子への思いを段々と感じていく様子や、桜井という少女と知り合い、その恋愛の中で自分の国籍について自分の中で色んなことを考えている様子を見ていて、自分が同世代だった頃、今の同世代の少年・少女達もきっとここまで、自分の将来等について考えてはいないのかもしれないなぁなんて感じてしまいました。

杉原本人の独白の形で1人称の語りの中で進行していくんですけど、本人が何度もいうようにこれは恋愛の話なんだと思うんです。
国籍のことはもちろん大きな問題のひとつなのですけど、この映画のよさはそれを表面に出しすぎず、あくまで一人の少年の恋愛の姿を通じて国籍についても考えるきっかけを作ってくれているところにあると思います。

監督:行定 勲
出演:窪塚洋介/柴咲コウ/山崎 努/大竹しのぶ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。