be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しき運命の傷痕

美しき運命の傷痕 美しき運命の傷痕
エマニュエル・ベアール (2006/09/29)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る


ストーリー
22年前に起きた悲劇によって父親を失った三姉妹。それは彼女たちの心に深い傷として残り、いまでは美しく成長した彼女たちがそれぞれに抱える苦悩の遠因ともなっていた。長女のソフィは夫の浮気を疑い、激しい嫉妬が彼女を見境もない行動に駆り立てる。次女のセリーヌは恋人もいない孤独な日々。体の不自由な母の世話を一身に引き受けていた。そして大学生の三女アンヌは、不倫の関係にあった大学教授から突然の別れを告げられてしまう。そんな彼女たちは、思いもよらぬ形で再び22年前の出来事と向き合うことになるのだった。

ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキの遺稿を『ノー・マンズ・ランド』のダニス・タノヴィッチ監督が映画化した作品。
キエシロフスキがダンテの『組曲』を元に構想した三部作「天国」「地獄」「煉獄」のうちの「地獄」にあたり、「天国」はトム・ティクヴァ監督の『ヘブン』。ケイト・ブランシェット主演の透明感のある素晴らしい作品となっています。


長女ソフィは夫の浮気を疑い、執拗にあるいは病的に嫉妬し、見境のない行動を取る。
ベアールが、こういう愛の究極を演じさせたらこの人に右に出るものはいないだろう・・・と恐くなるほどの熱演です。
次女セリーヌは何故か一番老けて見え、身体の不自由な母親の面倒を見、恋人もなく孤独な日々。
三女アンヌは友人の父親であり自らの大学の教授との不倫関係にあったが、いきなり別れを告げられストーカーのごとく行動に出る。
身体の不自由な母も含め、全ては22年前に失った父親の死が関係しているらしい。。。

***** ネ タ バ レ ****

母親も含め、三姉妹がそれぞれに深い傷を負った22年前の悲劇。
ちょっとサスペンス風味もあって、だんだんと真相が解るような展開となっています。

きっかけとなった出来事が、実は冤罪であった事が次女の恥ずかしいとんでもない勘違いから判明^^;
そもそも話し合えばあの悲劇自体が起きないはず。
既に家庭関係が崩壊寸前であったことが想像出来ます。
が、その結末は幼い少女達には大きなトラウマになることはこれも容易に想像出来ます。

冤罪と解った時点で娘達の地獄は過去のものとなるのか・・・。
母にとっては冤罪であろうが事実であろうが、身体が不自由になった理由を作った男への憐憫はかけらもなかったよう・・・^^;

唯一、今まで幸せであった時期が一度もなかったように見える次女が、車掌の暖かいまなざしに気が付く日が来ればいいなぁと、同じく温かい目で見守りたくなりましたw

助演というか、脇役というか。。。
とにかくビックリするような豪華キャストも必見です。

おばあさんが瓶を背伸びして捨てるシーンはキエシロフスキファンへのサービス?w
その心憎い演出にホンノリさせて頂きました~♪

監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:エマニュエル・ベアール/カリン・ヴィアール/マリー・ジラン/キャロル・ブーケ/ジャック・ペラン/ジャック・ガンブラン/ジャン・ロシュフォール/ミキ・マノイロヴィッチ/ギョーム・カネ他


Comment

ベアールは凄い・・ 

こんにちは~(^^ゞ)
昨夜は久しぶりに映画の感想を書いたので疲れてしまいました・・(笑)
でもこの映画は、ラストの母親の毅然としたセリフ(?)の中に様々な想いが読み取れて さすがキェシロフスキだわ!!と唸らされた作品でした。
重いテーマだけど この監督さん独特のユーモアがところどころでほんのりさせてくれたけれど やはりふっと我に返ると 「不条理な世界」を感じて何とも言い難い気分になったわぁ・・。
今度は「煉獄」が映画化されるのかしら??楽しみですね。

あ、ベアールとガンブランの競演を楽しませてもらいました~^^ゞ
ベーアルのこういう演技は安心して観ていられるよね。
  • posted by カポ 
  • URL 
  • 2006.10/24 11:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

カポっち~~♪ 

☆Bonjour♪( ̄∠  ̄ )ノ

カポっちの感想、楽しみに待ってました。
あのお母さんの台詞、凄い一言でしたよね。

けど、よく考えたら、話せば解るし、信じる事も出来る訳だから既に破綻していたとも取れるでしょ?
ならあんなことになったのはお母さんにも責任の一端が・・・。
それでもあの台詞が出たとしたら・・・・・
きゃぁ~~~。恐いわぁ~~~(笑)

ベアールとガンブランさん、素敵でしたよね。
ペランさんも良かったわ♪
でも何と言おうと、やっぱりキャロル・ブーケさんの存在感かしら~~(^^ゞ
  • posted by ゆーこ。 
  • URL 
  • 2006.10/24 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美しき運命の傷痕

22年前、ある事件で父親を失い、母親もまた車椅子の生活を余儀なくされ一気に不幸のどん底に突き落とされた3姉妹がいた。その後、成人した彼女たちは各々に問題を抱え苦悩の日々を送っている。そんな中で ふとした

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。