be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンマッコルへようこそ

トンマッコルへようこそ トンマッコルへようこそ
シン・ハギュン (2007/03/02)
日活

この商品の詳細を見る


監督:パク・クァンヒョン
出演:シン・ハギュン/チョン・ジェヨン他

朝鮮戦争のさなか、韓国軍と人民軍、そして連合軍の兵士たちが偶然にも不思議な村トンマッコルに迷い込んできた。まるでユートピアのような村とそこに住む人々の純朴な温かさに、始めは反目していた兵士たちもやがて打ち解け始めていく。しかし、同胞を探しに連合軍が村へ侵入してきたことから、トンマッコルの平和は打ち破られてしまい…。(Amazon解説より)

公式ページ




元は舞台劇だったそうです。
韓国では2005年度の興行成績第1位になった作品だとか。
お薦め頂いていた作品ですが、めったに観ない韓国映画ということで随分後回しになってしまいました。

1950年。朝鮮戦争の激戦が続く中、山奥に米軍偵察機が不時着。パイロットのスミスは重傷を負うが、近くに住む村人に助けられる。
その村は子供のように純真という意味のある“トンマッコル”という自給自足の、世間から隔離されたような平和でのどかな村だった。
同じ頃、道に迷った韓国軍の兵士2名と北朝鮮人民軍の兵士3人もその村に辿り着く。
韓国軍と人民軍が鉢合わせして一発触発状態になるのですが・・・。

村人に手を上げろ!と言うのですが、どっちの手を?と聞く始末。
戦争も知らない、武器も見たことがないそんなユートピアのような村。

山の中の理想郷って話はどこかで聞いたような展開かもしれません。
ファンタジックな作りで、前半は反戦映画という風にも見えないし、食糧貯蔵庫のトウモロコシが手榴弾の暴発で燃えてしまい、ポップコーンの雪が降るところはまだいい。
その後のイノシシのシーンは他の映画だったら、私は暴れてしまっていたかもしれない(≧▽≦)
そんな笑えるシーンも多々。

後半は前半部分との対比が凄まじいですが、何ともいえない暖かい涙が気が付いたら流れていました。

イガイガした心は、特殊な状況の中で生まれたもの。
その個人個人は、なんと暖かく優しいのでしょう。

ラストシーンの余韻が未だに引き摺っています。
沢山の蝶=魂
やった~っていう感じの最後の笑顔。
収穫祭のときの楽しい様子を撮影したビデオ。

そして、新たなトンマコッルの目覚め?!

チョン・ジェヨンという、北側のリーダー的な存在の人がなかなかのイケメンw
シン・ハギュンという人も有名な方だそう。
この二人の最後の笑顔を見るだけでも価値のある、そんな作品です♪

Comment

ドモドモ-♪ 

桜の花に誘われて立ち止まってみました♪うふ

この映画、公開時はなかなか評判良かったですよねー
何となく流してしまったので気になっていたのです。
ファンタジー溢れるほわわーーーんな映画ばかりかと思っていたのですけど、
おおっ、笑いもあるっすか?
癒されますかね・・・?
  • posted by Puff 
  • URL 
  • 2007.04/08 14:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Puffちーん♪ 

ドモドモーー!!

この作品は観られた方から賛否両論かも?って教えて貰っていたんだけど、ほわわ~~んなのは雰囲気で、映像はちょっと特殊で、でもビジュアル的にはため息が出るような美しさもあり。
が、後半の展開はビックラコンな対比が凄いっす~。
それでも観終わった時には暖かい気持ちになれてしまうという、何とも不思議な作品ですよん。
これは是非、Puffちーんにも観て貰いたいです~。
  • posted by ゆーこ。 
  • URL 
  • 2007.04/09 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。