be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情痴 アヴァンチュール

情痴/アヴァンチュール情痴/アヴァンチュール
(2007/09/21)
リュディヴィーヌ・サニエ;ニコラ・デュヴォシェル;ブリュノ・トデスキーニ;フロランス・ロワレ=カイユ

商品詳細を見る


情痴 アヴァンチュール(2005)
UNE AVENTURE

107分 フランス/ベルギー

監督:グザヴィエ・ジャノリ
製作:エドワール・ヴァイル
脚本:ジャック・フィエスキ/グザヴィエ・ジャノリ
撮影:ヨリック・ル・ソー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:リュディヴィーヌ・サニエ ガブリエル/ ニコラ・デュヴォシェル/ブリュノ・トデスキーニ

内容:恋人のセシルとパリのアパルトマンに引っ越して来た青年ジュリアン。ある晩、彼は裸足で街をフラフラと彷徨う女性と出会う。翌日、昼間の街で同じ女性と再会する。前夜とはまるで別人のように美しいその女性は、向いのアパルトマンに住むガブリエルという名の二児の母だった。やがてジュリアンは、ガブリエルが夢遊病者であることを知る。徐々に近所付き合いが進む中で、次第にガブリエルへの心配と関心が高まっていくジュリアン。そんなある日、ジュリアンはガブリエルから彼女の恋人ルイの尾行を頼まれるのだが…。(allcinemaより)

オフィシャル・サイト

2007年のフランス映画祭出品作品で、リディヴィーヌ・サニエちゃんの出演作。
案外楽しみにしていた作品でしたが・・・。

恋人のセシルとパリに引っ越してきた青年ジュリアン。
ある夜、はだしで街を彷徨う女性を見かけ事故を起こしそうになるところを助けるが、そのままフワリといなくなる。
翌日、同一人物とは思えない美しいその女性を見かけ、向かいのアパルトマンに住むガブリエルという2児の母親であり、夢遊病者であることを知る。
近所付き合いから段々と親しくなっていく中、ジュリアンはガブリエルから恋人ルイの尾行を頼まれ、ルイの秘密を知る。

ガブリエルが夢遊病者であることが、映画の流れを弛緩させてしまっている印象があり、サスペンスタッチなので最後まで気にはなるのですが、メリハリにかけている印象が残ります。

***** ネ タ バ レ *****

と言うことは、ガブリエルが夢遊病者でなければならないということですよね?
ルイには別に家庭があった。
なので、最終的に、夢遊病者を装って殺した?

それともそれが原因で夢遊病者になり、ホントに気が付いたら死んでいたのか?



童顔だけど、ナイスバディーなサニエちゃんは満喫出来ましたw


ニコラ・デュヴォシェルはこの作品で知ったのですが、滅茶苦茶イケメンでもないけど(笑)なんとなく気になるタイプの男性。
サニエちゃんとこの作品がきっかけでラブラブになって子供までもうけたそう。
文字色


Comment

 

お久しぶりです~~
私もこの作品最近観たの。
宣伝のコピーとか、パッケージとか
とってもそそられたんだけど・・
なんだか予想とは違う作品でしたよね。夢遊病に振り回されちゃったわ・・・笑
意外な結末が・・・と思ったけれど案外ね、普通だったし。
青年ジュリアン、暗かったですよね・・オタクっぽくて・・・。
部屋とか突然上がりこんでいたりね・・笑 今思えば、不思議な感じだったな・・。
<滅茶苦茶イケメンでもないけど(笑)>
ああ・・わかります・・!!
サニエちゃんの彼氏ということで
興味持っちゃいましたけどね・・。
それにしても題名がすごいよね~~
  • posted by みみこ 
  • URL 
  • 2008.05/29 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

こちらこそ~m(__)m 

みみこさん、(*゚▽゚)/Bonjour♪
こちらこそ、読み逃げでご無沙汰ばかりですみませんm(__)m

たまった中にこの作品もあるんですね?
みみこさんの感想も楽しみにしていますね。

タイトルも凄いけど、何となくそそる内容で期待して見たんだけど、ここだけの話、たいした事なかったですね(笑)

でもサニエちゃんも特別美人じゃないけど、独特の雰囲気があって好きな女優さんなのでこれはこれで見てよかったです。

首の具合がイマイチで、私も感想、たまりまくりです。
困っているのがリンチの新作。
2回見ても感想が書けずにいます(笑)
  • posted by ゆ~こ♪ 
  • URL 
  • 2008.05/29 14:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

ドモドモ~~~ン♪ 

この映画ねぇ、、公開された時、都内1館のみだったの。
それも新宿・・・
劇場に入ったら意外と人が入っていたのだけど、何故か周りはおじさんばかり。
でも上映20分頃から皆さん少しずつ席を立て行ってね。
おじさんたちきっと題で勘違いしたんだろうな、と思って。笑
この邦題、もう少し何とかならないものかしら・・・・・・汗

劇中に挿入された映画はムルナウの「吸血鬼ノスフェラトゥ」でしたね。
自分は何だかそっちの方が印象的だったりして。ハハハハ、ハ。
それにしてもひんやりした映画でした。
観た後はやるせなさが残った覚えがアリマス。。。
  • posted by Puff 
  • URL 
  • 2008.05/29 21:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

確かにっ! 

Puffちーん、(*゚▽゚)/Bonjour♪
こちらではフランス映画祭で難波の方でやっていたと思うの、それも夜(笑)
普通の映画館でやっていたら確かに勘違いのおじさんが来そうですね(笑)

私的にはこの手の映画(タイトルって意味ですよw)はちょくちょく見ているので殆ど麻痺してます(≧▽≦)

この映画、印象的には残っているんだけど、内容はイマイチ残ってないんですよねぇ(^^ゞ
  • posted by ゆ~こ♪ 
  • URL 
  • 2008.05/30 14:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。