be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな悪の華

小さな悪の華小さな悪の華
(2008/02/20)
ルナール・デランカトリーヌ・ヴァジュネール

商品詳細を見る


小さな悪の華(1970)
MAIS NE NOUS DELIVERZ PAS DU MAL
DON'T DELIVER US FROM EVIL

103分 フランス

監督:ジョエル・セリア
製作:ベルナール・ルガルジャン
脚本:ジョエル・セリア
撮影:マルセル・コンブ
音楽:ドミニク・ネイ/クロード・ジャーメイン
出演:カトリーヌ・ヴァジュネール/ジャンヌ・グーピル アンヌ他
内容:寄宿学校に通う少女アンヌとロールはバカンスを利用し、牧童を誘惑したり、庭番の小鳥を殺害したり、悪魔崇拝儀式を取り行うなど、思うがままに残酷な行為を繰り返していた。少女の持つ悪魔的な魅力を全面に押し出した異色作。(allcinemaより)

1970年頃。あまりの反宗教的反道徳的内容により、フランス本国では全面的に上映禁止、イタリアやイギリスには輸出禁止。当時時公開されたのは日本とアメリカだけだったそう。
こういう事を聞くとどれどれ・・・と見てみたくなるのが人情ですよね?(笑)

この手の宣伝文句を聞くと、若き日のケイト・ウィンスレットの出ていた『乙女の祈り』を思い出しますが、同じく、54年にニュージーランドで実際にあった事件を元にしているそうです。



修道院の寄宿学校に在籍するアンヌとロール。
消灯時間後、アンヌのベッドに入り込み、懐中電灯の明かりでボードレール、ランボー、ロートレアモンに耽溺し、悪の快楽を貪る。

主犯というか教唆的な存在がアンヌ。
黒髪で決して美しくはない。
その親友。おそらくは恋人に近い存在であろう金髪の可愛いロール。

悪魔を祭り、悪戯という言葉では片付けられない悪事を繰り返すバカンスの日々。
放火や小鳥を毒殺したり、やがては殺人事件へと発展していくのです。

その当時、彼女達が何歳だったのかが解りませんが、遊び心からとはいえ、男性を挑発し本気になってしまった大の男が15歳位の少女を組するのは簡単。
ワンピースを破き、胸をあらわにし、下着を剥いで陰毛まで顕になる・・・。
辛うじて逃げるものの、その描写はあまりにリアル。

足を開いて挑発しておきながら、逃げ去る様はリアルで無垢な少女そのもの。
なのに、逃れた後はけたたましい笑い声を上げる、そのアンバランスさが理解出来ない。

小鳥に毒を与えるシーンは、ホントの小鳥を毒殺しているとしか思えません。
その後、別の小鳥を絞め殺し、走り去って涙を流す、そのアンバランスさも解らない。

小さな悪の華は、一つ一つは小さいけれど、重なると大きくなるのでしょうか?



バカンスの間の、原因不明の放火や殺人事件。
何食わぬ顔で修道院に戻った少女達に司法の手が伸びつつあったのです。

事情を聴取しに来ていた警部に招待状を出した学芸会で、お遊戯をする少女達に混じり、アンヌとロールは詩を朗読するのです。
その最後、自分達の衣服にガソリンをふりかけ、やがて静かにマッチを擦る。



ただ、最後の殺人事件は反省すべき点は多いにしても、正当防衛ではないかなぁ?

共感出来る部分は全然ないし、お薦めするような作品でもありませんでした(≧▽≦)


Comment

当時の流行? 

未見なんですが 興味をソソられますねぇ~。
でも『共感出来る部分は全然ないし、お薦めするような作品でもありませんでした(≧▽≦)』とのこと、いずれ・・でいいかしら?(~_~; 

この頃のフランス映画って こういう作品が結構ありましたよね。
深い森、寄宿舎、少女、秘密の儀式、大人の男もしくは少年を誘惑 そして誰かが死ぬ あたりがキーワードかしら??
これは後にハリウッドにも波及していますよね。
そしてホラー映画に昇華!?したりして(笑)
そうえいば、イタリアの恋人レイモンド・ラブロックの作品にも こんな感じの作品があったかもしれません。
どうせ・・同じ・・と思いながら ついつい手が出てしまいますね。
やっぱり、レンタルリストに入れておきます♪(笑)
  • posted by カポ 
  • URL 
  • 2008.06/09 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

是非(笑) 

カポっち~♪ (*゚▽゚)/Bonjour♪

何言ってんですかぁ。
カポっちは見なくてはいけませんよ~(笑)

『乙女の祈り』では同性愛的な臭いがプンプンしていたでしょ?
この作品ではその臭いがとても希薄なの。
黒髪のあまり綺麗ではないアンヌが教唆して、金髪の少女ロールが従う感じ。
ロールがアンヌに依存する理由が見え難いし、同性愛な感情があるのなら、何故男を挑発するのかが解らないの。
蔑んでいる気持ちは理解出来るけど、なら、なんで挑発する?
ロールはバイセクシャルだったのかしら?(笑)

って、見ていない人を相手にネタバレを山程(≧▽≦)

忘れた頃に、気が向いたら、是非見てみて下さい。
カポっちの感想が聞きたいです~♪
  • posted by ゆ〜こ♪ 
  • URL 
  • 2008.06/09 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

そ・そうなのね(^^;) 

観ますわ!(笑)
NETでレンタルの次の希望のトップに入れておきました。
う~ん、ネタバレをしてもらった方が返ってソソられて良かったようです。
最近、フランス映画ばかり観ていて 頭がウニウニしているんだけど そういう時は案外体調がイイ証拠なの。
だから 今のうちに観ようと思います。
観たら、またお邪魔しますね。(^^ゞ)

トラちゃんは調子が良すぎて 話題にも上らないわね(笑) 
  • posted by カポ 
  • URL 
  • 2008.06/12 12:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

是非是非。 

カポっち~。レスが遅くなって大変失礼しましたm(__)m

次の希望のトップにして下さってありがとうございます(笑)
何だ~~って言われるのかしら~^^;
でも確かにそうね。
フランス映画って体調が悪いときは見られないかも。
って言うか、余計に身体を壊しそうで・・・(笑)

トラちゃん。最近は勝って当たり前ですもんね。
珍しく2連敗したらビックリだもの。
でも強すぎてチケットが手に入らないのよ~。
金券ショップなんてプレミア付いて定価より高いんだもの。
庶民は応援に行けないわ~~~^^;
  • posted by ゆ〜こ♪ 
  • URL 
  • 2008.06/16 21:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

大変でしたね 

お邪魔します~
地震に!!っと驚きましたが
何もなくホッ。色々お疲れになったことでしょう・・ゆっくりしてくださいね。レスはいつでもいいですよ
この映画、不快でしたね。
唐突な行動ばかりでびっくり~~~。
フランス映画恐るべし・・って感じです・・笑
  • posted by みみこ 
  • URL 
  • 2008.06/17 09:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

私もビックリしましたw 

みみこさん、(*゚▽゚)/Bonjour♪
ビックリさせてごめんなさい~m(__)m
私もたった1泊2日の旅行でこんな事になってビックリでした~^^;

70年当時、こんな作品を公開していた日本も凄いですよね。
小鳥のシーンが嫌だったな、私。
人間がどうなっても動じないんだけど(笑)動物虐待は許せないの~(>_<)

でも、やっぱりみみこさんは見ていらしたか(笑)
感想、伺いに参ります~~i-58
  • posted by ゆ〜こ♪ 
  • URL 
  • 2008.06/17 18:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。