be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き雲

トータル・カウリスマキ Vol.1 真夜中の虹/浮き雲 トータル・カウリスマキ Vol.1 真夜中の虹/浮き雲
アキ・カウリスマキ (2002/05/24)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る


ストーリー
不況のため共に職を失ってしまった、レストランの給仕長イロナと電車の運転手ラウリの夫婦。二人は次の職が見つからず苦しむが、やがてイロナがレストランを営むという目標を見い出し、共に手を取り合って夢の実現に励む。

レストランの給仕長イロナが仕事を終え、やってきた路面電車に乗り込む。その運転手にいきなりキス。実は夫で、乗客もなく車庫に入れる際に妻を拾って一緒に帰るのです。
ソファーやテレビのローンを抱えながらも、愛犬と一緒に静かに暮らす夫婦。
ある日、不況のために夫の職場から4人をリストラする事になるのです。その決め方がカード。
結局リストラされてしまい、妻もレストランの経営不振により職を失います。
折からの不況により、なかなか就職も決まらない。ローンもあるし、家賃も払わなければならないのです。
こういう状況だと言えば暗そうな映画だろうなぁと思われるでしょう。確かに明るい映画ではないですが(笑)、そういう状況の中で片意地張らずに地道に、だけど少しずつ前向きに生きていく夫婦の話です。
カウリスマキ監督の特徴なのでしょうけど、時々ブラックな笑いをちりばめています。
仕事が決まったと出かける朝に、洗面所で置物のように夫を見つめる愛犬。
リストラのメンバーを決めるのもカード。
それってくじ運が悪いって事だろうに、一髪千鈞を狙ってカードに全財産をつぎ込んだり。。。
ただ、これはブラックなユーモアなのではなく、日常を生きていれば起こりがちな数々を細かく観察した結果なのかなぁと感じたりもしました。
家の中で、家族を観察していたらクスリと笑えるような事って時々あると思うのですが、いよいよこれからどうやって生きていこうと考えているときにも、そういう細かい事が気になったり、クスリと笑ってしまったり。お腹だって空くし(笑)
カウリスマキ監督の視線がとても優しいなぁと感じる作品です。
ラストシーンでは夫婦はいつものように静かに佇み、浮き雲を眺めるのです。
ほんのりと、けど、クヨクヨしたって仕方ないよ~とエールを送って貰えるような作品だと思います。

監督・製作・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:カティ・オウティネン/カリ・ヴァーナネン他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。