be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじらい

はじらい ~ヘア無修正版~はじらい ~ヘア無修正版~
(2008/05/30)
マロウシア・デュブルイルマリー・アラン

商品詳細を見る


はじらい(2006)
LES ANGES EXTERMINATEURS
100分 フランス

監督:ジャン=クロード・ブリソー
製作:ジャン=クロード・ブリソー/ミレーナ・ポワロ/ジル・サクト
脚本:ジャン=クロード・ブリソー
撮影:ウィルフリッド・サンペ
音楽:ジャン・ムジー
出演:フレデリック・ヴァン・デン・ドリエッシュ/マルーシア・デュブルイユ/リーズ・ベリンク/マリー・アラン他

内容:映画監督フランソワの次回作のテーマは“タブーと歓びについて”。
フランソワは、オーディションにやって来た女優たちに、カメラの前で自慰を行うことを要求するが、唖然とする者、怒って帰る者が続出。そんな中3人の女優を得て撮影を開始する。
より大きな歓びはタブーを犯すことによってより大きくなると、女優3人の官能的なセックスを撮影したフランソワは映画の成功を確信するが、そのビデオを見た妻は「彼女たちは魔女よ。あなたは呪われている」と警告する。
そして、彼女の言葉通り、秘められた性の意識に目覚めた3人の女性たちは次第にフランソワに依存するようになり、フランソワもまた彼女たちにのめり込んでいく・・・。

公式ページ




ヴァネッサ・パラディ主演で話題になったフランス版ロリータ映画『白い婚礼』や『ひめごと』のジャン=クロード・ブリソー監督の新作です。
『ひめごと』のオーディションでセクハラされたと4人の女優から告訴され有罪判決を受けたこと等を元に作られたと言われている作品ですが、公式ページによると、訴訟になる前からこの脚本は出来ていたと監督が語っているようです。

『ひめごと』もそうですが、SEX描写が非常に多いし、かなりリアルで、観ようによっては(って言うか、観ずに内容をすべて話したら)まるでポルノ映画のよう。
なのにとにかく綺麗。
官能的ではありますが、ちゃんと芸術作品になっているんですよね。
これは凄いことだと思います。

タイトルからもそうだし、R-18作品だし、勿論そういうシーンはメチャクチャ多いです。
でも何より面白いのが人間関係。

3人の女優たち・それぞれの想い、それに気が付かないフランソワ。

一番の理解者のように寄り添う妻も、実はただの嫉妬だったのでは?とも思えたりします。

フランス映画らしい訳わかめ(>_<)なシーンもあります(笑)

最初と最後に暗示のごとく現れる10年前に亡くなったという祖母の存在と、タンクトップのひっつめ頭の2人の悪魔?何?な存在も謎^^;

実は『ひめごと』も結構嫌いじゃなかったんですよ、私。
なのでそういう方は是非ご覧になってみて下さい。
シャーロット役のマルーシア・デュブルイユって人。
なかなか私のタイプでした(* ̄m ̄)プッ


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。