be-in

映画館やDVD等で観た映画の感想を綴っています。 ネタバレが含まれることも多いのでご注意下さいねm(__)m

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキゾチカ

エキゾチカ


エキゾチカ【字幕版】 / ミア・カーシュナー

ストーリー
熱帯の楽園風のナイトクラブ、エキゾチカ。そこではDJのエリックと税務調査員のフランシスが、ダンサーのクリスティーナを奪い合っていた。そんなある日、フランシスはエリックにだまされて、クリスティーナにふれてしまう。それはこの店で、やってはならない行為だった。店に入れなくなったフランシスは、人を雇ってクリスティーナと連絡を取ろうとする。一方で彼は、エリックを殺そうと計画して……

エゴヤン監督はこの『エキゾチカ』の監督であると知っている程度で、この作品も始めて観ました。
新作『アララトの聖母』が気になっていたので、前作を観てみよう~というのがきっかけでした。
まずビデオを手に取ったときに引いてしまっていた方も多いと思いますが、確かに舞台は『エキゾチカ』と言う名前のストリップバーのようなところだし、裸の女性も出てきます。だけど、ポルノ性というかいやらしさの全くない作品です。
男性主体の映画に見えますが、その性の相手として女性を描いていないのです。
だから少しずつ服を脱いで踊っている女性を見ても、卑猥な印象は全くなく、むしろ音楽性の高さや踊りのかっこよさに惹かれたりしてしまいました。
舞台の『エキゾチカ』もしかり。相当な思い入れがあるのでしょう。素晴らしい作りになっています。
話の方は、とっても不思議な作りとなっています。
税務調査員のフランシスはエキゾチカに毎夜やってきては目当てのクリスティーナを指名します。
そこでDJをしているエリックはクリスティーナがフランシスには優しく接するのが気に入らない。
そこにその店を母から受け継いだ新オーナーやフランシスが調査をしていて知り合ったペットショップ(魚や爬虫類・・・( ̄_ ̄|||))のオーナーを巻き込んで、クリスティーナを巡るいざこざがどんどん膨らんでいくのですが、過去の1つの出来事をそれぞれが引き摺っていて、その過去がところどころに挿入され、ラストにやっとつながるようになっています。なかなか驚かされた脚本、演出でした。
全体的には大きな盛り上がりがあるわけではないのですが、テーマが癒しとか?ただ、こちらが癒されるのではなく、出演者たちがお互いを癒しあっているというか、結果そうなったというか。。。とにかく観た人が癒されるタイプではないのでお間違えのないように(笑)

監督・脚本:アトム・エゴヤン
出演:ミア・カーシュナー/イライアス・コティーズ他

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

おみくじ~♪

カウンター

最近の記事+コメント

管理人ゆ~こ♪

ゆ~こ♪

Author:ゆ~こ♪
映画の感想はかなりネタバレしていることがありますのでご注意!

時々我が家の3ニャン達のドリフのコントのようなズッコケ話もご紹介致します。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

マウスを置いてみて♪

ブロとも一覧


■ ブログ名:にゃんこ日和

預りっ子クラブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。